ベタと泡巣の関係

ベタのオスは繁殖のために、水槽内にメスがいなくても包巣を作ります。

全く包巣を作らない個体もいます。

今回はベタの泡巣について考えてみました。

ベタが包巣を作る環境

現在、ベタ水槽の横でマーブルグラミーを飼育しています。

水槽は百均で買ったブックエンドで仕切っています。

ただちょっとした隙間からグラミーが見えます。

そうするとベタはグラミーを牝と勘違いし包巣をさかんに作ります。

当て馬みたいでかわいそうですが、ベタが活性化するのはいいことです。

高たんぱくの餌をあたえると包巣を作りやすい。

乾燥赤虫をあたえると包巣を作ることが多いです。

やはり天然の高たんぱく飼料を食べると精がつくのでしょう。

ただしベタは消化能力が弱いので、乾燥赤虫の給餌は週に1~2本にしておきましょう。

created by Rinker
Hikari(ヒカリ)
¥472 (2020/09/17 23:37:34時点 Amazon調べ-詳細)

包巣を作るとベタは体力を消耗する?

さかんに包巣を作ったあと、ベタがぐったりして水面に浮かんでいることがよくあります。

多分燃え尽き症候群なのでしょう。

こういう時は何をしても活発になりません。

包巣を作る作業というのは、相当大変な作業なのでしょう。

動きが良くなるのは、餌をあたえる時くらいです。

元気が戻るまでそっとしておきましょう。

あまりに消耗が大きい場合は、仕切りを強化したり、ポトスのポットを置いたりして他の個体を見えないようにするのも一つの手段です。

まとめ

包巣を作る事とベタの健康に因果関係はありません。

包巣を作らないからといって気に病むことはありません。

元気に餌くれダンスをし、フンをちゃんとしていれば気にする事はないでしょう。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。