青色のクラウンテールベタの飼育を始めました。

2019年8月11日

先日、クラウンテールをお迎えしました。

価格は税抜きで1200円です。

トラベタの4倍程度の価格です。

本来、水槽は2個と決めているのですが、近所のペットショップでは、11月から春先に

かけて、ベタを扱っていません。

買うなら今しかないと思い、青のクラウンテールを自宅に持ち帰りました。

クラウンテールとは?

動画を見てもわかる通りクラウンテールはヒレがすだれのようになっています。

ヒレの構造上、トラベタのような素軽さはありません。

どちらかといえば、優雅な動きをします。

飼育方法は、トラベタと同じです。

またトラベタと比べて、丈夫さで劣ることもありません。

ただ、ヒレのつくりから水流には弱いと思います。

現在の飼育状況

現在は、餌もしっかり食べ健康状態は良好です。

水槽内でも落ち着いています。

環境にも慣れてきたようです。

最近は、大砂利の上で休憩していることが多いですね。

これから冬を迎えますけど、元気に成長してほしいです。

ちなみにデジカメは苦手なようで、撮影すると身を隠そうとします。

まとめ

トラベタとクラウンテールを比較すると、見栄えはクラウンテールに軍配が上がります。

しかし、動きではトラベタの方が上です。

観賞用の熱帯魚なので、やっぱり動きがあったほうがいいんですよね。

「静」のクラウンテール、「動」のトラベタといったところでしょうか。

2個水槽があれば、クラウンテールとトラベタの組み合わせがベストなのかもしれません。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。