ベタ水槽の水替え

2020年5月6日

ベタの水替え風景です。

まずポンプを水槽の中に入れ、汚物とともに水を吸い上げます。

ベタ水替え

次にプラスティック製のコップに水を排出します。

ベタ水替え

ベタ水槽の水換えはこれを繰り返すだけです。

毎日1回、コップ1杯分(200ml~300ml)を交換します。

水替えにかかる時間は水槽2個で5分程度です。

水替えが終わったら、換水用の水を足しておきましょう。

created by Rinker
(株)オカザキ
¥580 (2020/05/30 18:19:57時点 Amazon調べ-詳細)

水替えに使っているスポイト

ミニ灯油ポンプをスポイト代わりに使用しています。

理由は以下の通りです。

・吸水量が強い。
・ゴミをピンポイントで取ることができる。
・価格が安い。

当たり前ですが、アクアリウム用のスポイトと比較すると吸水量は桁違いです。

なんせミニとはいえど灯油ポンプですからね。

よって水替えも、画像を見てもらえばわかる通り短時間で終了します。

またミニ灯油ポンプなので、食べ残しの餌やフンなども、ピンポイントで除去できます。

水面に浮かんだ有機物や泡などを取る時も便利です。

いずれも普通の灯油ポンプだと難しい作業です。

価格も安価で百均やホームセンターで販売しています。

ホームセンターで購入すると250円程度します。

灯油ポンプ

ミニ灯油ポンプのデメリット

ミニ灯油ポンプのデメリットは1点のみです。

それは想像以上に入手が困難なこと。

よって最低2本は用意しておきましょう。

ポンプが破損したからといって、百均やホームセンターを回っても、在庫がないことがほとんどです。

幸運にも百均で見つけた時は、2~3本購入してストックしておくといいでしょう。

ミニ灯油ポンプのメンテナンス

それなりに長く使用していると、吸い上げた餌の残りやフンが、ポンプ内にたまることがあります。

そんな時は、お湯を吸い上げてシェイクしてください。

そうすると、かなりきれいになります。

熱湯でやってしまうと、やけどやポンプ破損の危険があります。

必ず40~50℃程度のお湯で洗ってください。

それでも熱い場合があるので、手袋やタオルではさんでシェイクするのが安全です。

汚れがひどい時は、新品のものと交換してもいいでしょう。

灯油ポンプ

まとめ

世の中でベタ水槽の水替えに灯油ポンプを使っている人がどれだけいるかは不明です。

しかし、あると大変便利なツールです。

特に低容量の水槽では大活躍してくれます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。