SACHIのガラス製5L水槽(22cm)を購入した感想

2020年4月1日

夏場は気温が高く、2L水槽だと水質が悪化することがあります。

よってガラス製の5L水槽を購入しました。

購入したのはSACHIのガラス製5L水槽(22cm)

結構Amazonでも評判が良かったので購入しました。

お値段もお手頃です。

Amazonから届いた直後の水槽です。

SACHI

開封してみると以下のような感じです。

ガラスは結構厚めで、がっしりした造りです。

SACHI

1L水槽との比較です。

かなりデカいですね。

SACHI水槽

2L水槽と比較しても大きいです。

なおこの時、青ベタは尾ぐされ病で薬浴中でした。

SACHI水槽

とりあえず、赤ベタには新居に引っ越してもらいました。

SACHI水槽

このような大きめの水槽を使う時は、水深を12cm程度にしてあげましょう。

ベタは水底でのんびりしている時が多いです。

水深が12cm程度ならワンストロークで水面に上がってきて呼吸ができます。

しかし、水深が14cm程度になるとワンストロークで水面に上がって来て呼吸ができません。

ツーストロークは必要になります。

わずかな差ですが体力的にはかなり違ってきます。

特に老ベタになると水深が深すぎるとかなり体力を消耗します。

水深にも気を配ってあげてください。

まとめ

活動範囲が広くなったので、ヒレがしぼまなくなりました。

大きい水槽のメリットですね。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。