老衰したベタの飼い方

2020年9月3日

老ベタです。

老ベタ

すでに老衰の域に入っているので、水槽の底に横たわっている時が多いです。

老ベタに与える餌の量

消化器官も弱っているので、餌も少なめにあげています。

ひかりベタを朝1粒・夕2粒、1日合計3粒与えています。

それ以外の餌は与えていません。

ひれも傷みがありますが、あえて薬浴もしていません。

加齢によるものなので薬浴しても効果は見込めませんし、かえって個体にダメージをあたえる可能性もあります。

老いを迎えるまで、育てることができた自分の飼育法に自信をもち、今までどおりお世話したいと思います。

コンディショナーで老ベタの苦しみを緩和する。

とはいえ、水槽の底で苦しそうにエラを動かしているベタを見るのは忍びないものがあります。

そこで提案したいのがコンディショナーの利用です。

私は、「ジクラ (Zicra) ジクラウォーター ベニッシモ ベタ用 250ml」を愛用しています。

人間もベタも寿命は限られているので対症療法に過ぎませんが、ベタの苦しみを緩和できるなら使う価値があります。

例えベタが亡くなったとしても、やれることはやったと自分を納得させる事ができます。

created by Rinker
ジクラ (Zicra)
¥831 (2020/09/21 21:07:56時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

老衰したベタを飼うとき注意すべき点は以下の2点です。

・餌は少なめに与える。
・老いを受け入れ、今までの飼育法を継続する。
・コンディショナーを使用し老化を緩和する。

人間から見ると、老衰したベタは苦しんでいるように思えます。

しかし、案外ベタは残り少ない余生をのんびり愉しんでいるかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。