購入したベタがすぐ死んでしまう原因を考えてみました。

2019年8月9日

まだベタを飼い始めた頃、お迎えして2週間程度で星になってしまう個体がいました。

今回は、購入してすぐ亡くなってしまうベタの原因を考えてみました。

第一位 餌のやりすぎ

ベタの場合、餌を与えれば与えた分だけ食べます。

よって飼い主のほうで分量を調整してあげないといけません。

現在ベタに与えている餌の量は以下の通りです。

・月~金 朝 ひかりベタ2粒  夕 ひかりベタ2粒(合計1日4粒)

・土・日 朝 乾燥赤虫1匹 夕 ひかりベタ2粒

ベタが便秘の時は、ひかりベタを1日1粒まで落とすこともあります。

水質の悪化が激しい時にも、それくらいまでエサを減らします。

餌をたくさん与えたからと言って、ジャイアントベタのように巨大化するわけでもありません。

餌のやりすぎには注意しましょう。

第二位 水槽の中に物を入れすぎる

以前、2L水槽の中にウィローモスを巻きつけた流木を入れていました。

しかし、2L水槽内に流木を入れてしまうと水が動きません。

結果的に水の傷みが速くなります。

ウィローモスと流木を水槽から出してニオイをかいでみると物凄いアンモニア臭がしました。

言うまでもなくアンモニアはベタにとって猛毒です。

それ以来ほとんどベアタンクに近い形で飼育しています。

水槽の構成は以下の通りです。

・2L水槽
・大砂利 底面3分の1
・アナカリス 1本

ろ過無し、エアレーション無しです。

夏なのでヒートマットも使用していません。

これくらいシンプルな構成だと、夏でも水質も維持できます。

第三位 酸化した餌を与えている。

餌の酸化は意外な盲点です。

人工飼料は、安息香酸のような保存料が添加されているので6ヶ月程度はもちます。

created by Rinker
Hikari(ヒカリ)
¥100 (2019/09/18 21:07:24時点 Amazon調べ-詳細)

しかし、自作の飼料や天然飼料には保存料が加えられていないので、高温であったり湿度が高かったりするとすぐに腐ります。

腐った(酸化)した餌を与えると、生体もダメージを受け、水質も一気に悪化します。

最悪、水槽内の全ての生体が全滅するケースもあります。

特に夏の時期における、自作の飼料や天然飼料の管理には気を付けましょう。

ベタが調子を崩すようなら新しいものと交換するか、天然飼料自体の給餌(きゅうじ)を止めます。

第四位 お迎え時の失敗

ベタを新しくお迎えする時、よく言われるのが水合わせです。

水合わせは当然重要です。

個人的に水合わせより重要視しているのが塩浴です。

買ってきたばかりのベタは、環境の激変でパニックに陥(おちい)っています。

そのまま水槽内に入れても、餌も食べず水槽内をグルグル回ったあげく力尽きて亡くなるベタもいます。

よってお迎えした後は、粗塩で0.15%の塩浴をするようにしています。

まず塩浴することにより、浸透圧を調整する負担が減るのでベタにとって楽な状態になります。

ミネラルを補給することによって、体調も維持できます。

体調が安定すると、メンタルも安定します。

いきなり市販の塩を使うことに抵抗のある方は「水作ベタの塩タブレットミニ 40錠」のような、ベタ専用の塩を購入し使用すればいいでしょう。

コスパ的には市販の粗塩に劣りますが、ベタ専用の塩なので安心して使えます。

created by Rinker
水作
¥392 (2019/09/19 06:58:02時点 Amazon調べ-詳細)

なお塩浴は、必須の作業ではありません。

お迎え後、ベタが落ち着いていれば塩浴の必要もないです。

第五位 病気

ペットショップでは、薬品で病気の発症を抑えている店舗もあります。

よって、病気をキャリアとして持っており、購入後に発病するケースが多いです。

コショウ病や尾ぐされ病は、一度完治すれば再度発症することはあまりないでしょう。

何度も発症する場合はろ過機やエアレーション、床材を疑うべきです。

混泳にする場合は、購入後、一旦別水槽で単独飼いし様子を見ます。

この時点で病気がわかれば治療します。

いきなり水槽に入れてしまうと、水槽内の生体が全滅し心が折れます。

第六位 近親交配による奇形

近親勾配による奇形の生体だと脳の容量が半分しかなかったり、消化器官が小さかったり、背骨が曲がっていたりします。

背骨の奇形は外見によりわかりますが、脳や消化器官の欠陥は見ただけではわかりません。

奇形の生体は購入して持ち帰っても長生きできません。

本来そういう生体は店頭に並べるべきではないのですが、ブリーダーの安易な配合により売られているケースもあります。

本来、トラベタならトラベタで何代か交配を重ねた後、必ずワイルドベタを配合します。

いわゆる雑種強勢です。

ワイルドベタと交雑すれば、アウトブリードとなりインブリードによる弊害の心配はありません。

形状はある程度先祖帰りしてしまいますが、生命力のある個体が生まれます。

その個体をF1として、また何代か交配をします。

ベタの繁殖はこの繰り返しです。

健康面に問題のある近親交配の個体は、避けるようにしましょう。

第七位 床材

床材が菌や寄生虫の温床になっているケースもあります。

特にシスト(寄生虫の卵)やフンが床材と混じると取り除くことが難しいです。

そうなるとコショウ病の原因であるウーディニウムやアンモニアが大量発生します。

そのため床材を敷かず、ほぼベアタンクで飼育しているアクアリストもいます。

私の場合、百均で購入した大砂利を床に3分の1程度敷いています。

水槽の掃除をするときに大砂利もお風呂のお湯で洗っています。

created by Rinker
スドー
¥429 (2019/09/19 00:20:45時点 Amazon調べ-詳細)

第八位 水合わせ

ベタは水質の変化に強いので、水合わせで亡くなるケースはあまりないと思います。

ベタをお迎えした時は、ショップの飼育水から水を作っていきます。

まずショップの飼育水ごと水槽に個体を投入します。

その後2時間毎にカルキ抜きの水をコップ1杯分足して行きます。

もちろん温度は合わせておきます。

こうやって水質に慣れさせます。

小型水槽だからできる方法です。

他にも点滴法なる方法もありますが、自分ではやっていないので説明は省きます。

自分なりに水合わせの方法がある人は、そのやり方で水合わせしたほうがいいでしょう。

まとめ

最後にお迎えしたベタがすぐに星になる原因をまとめておきましょう。

・餌のやりすぎ
・水槽の中に物を入れすぎる
・酸化した(腐った)餌
・お迎え時の失敗
・病気
・近親交配による奇形
・床材
・水合わせ

購入した魚がすぐに亡くなってしまうケースは珍しくありません。

大切なのは、原因を究明し次の魚をお迎えすることです。

もちろん心が折れたら、魚の飼育をしばらく休んでもいいです。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。