悲報~プラカット星になる。その原因を考えてみた。

8月初旬プラカットをお迎えしました。

お値段税抜きで2,000円です。

しかし、わずか3週間程で星になってしまいました。

1週間に1度程度しかフンをせず、最後は大きなフンをした後亡くなっていました。

今回はその原因を考えてみます。

環境に適応できなかった。

これが一番大きいのかなと思います。

餌食いが悪い、人に懐かない、など環境に適応できませんでした。

結局そういう個体はあまり長生きできません。

消化器官が弱かった

消化器官が弱いと、消化途中のものを口から吐き出してしまいます。

また吐瀉物(としゃぶつ)が多いと水が茶色ににごります。

この現象が起きたためロカボーイSを投入したのですが、アンモニアが蓄積したり、水流

が発生したりで逆効果になった感があります。

吐瀉物が多いというのは、体調不良や老化の兆しで消化器官が弱っている可能性があります。

餌を少なくなくしたり、塩浴をして消化能力を高めるなどして対策を打つことはできますが、吐瀉物が多い時点でかなり内臓が悪化している可能性があります。

個人的には吐瀉物が多く水が1日程度で茶色に濁る場合、先は長くないと覚悟するようにしています。

近親交配の可能性

プラカットのようなショーベタは形状を固定するため近親交配が繰り返されているケースがあります。

そういう場合、消化器官が異常に小さかったり、心臓が逆についていたり脳の容量が半分しかない個体が誕生します。

まれにそういう個体が店頭で売られています。

この近親交配を見抜くのは難しいです。

実際購入してみないと素性がわからない場合が多いです。

知能が劣っていると環境に適応できないケースがほとんどです。

高価な観賞魚を落とした時の対処法

高価な観賞魚を落とした時は、他の安価な観賞魚を飼育することをおすすめします。

プラカットを落としたから、またプラカットに挑戦とやっていると、財布の中からどんどん諭吉さんがいなくなってしまいます。

今後はモーリーの飼育をやってみたいと考えています。

モーリーのお値段は1匹200円です。

今後のプラカットの飼育予定

仮定の話ですが、再度プラカットをどんな環境で飼育するか考えてみました。

松野工業 ガラス容器 FR-37 ビューレット(L)

・大砂利(底に3分の1)

・アナカリス1本(引用)

今回7L水槽の上まで水を入れていましたが、息継ぎするのにかなり体力を使っているようでした。

プラカットでも2L程度の水槽で十分だなと感じました。

大砂利とアナカリスはトラベタの飼育環境と同じです。

ベタは水流を極端に嫌うので無濾過・エアレーションなしの環境とします。

越冬にはみどり商会ピタリ適温プラス丸大を使用するつもりです。

また次回プラカットを飼育する時は、万全を期し「ジクラ (Zicra) ジクラウォーター ベニッシモ ベタ用 250mlを利用するつもりです。

現在もジクラウォーター をトラベタ飼育に使っていますが、水に気を使わなくていいので楽ですね。

つぎはレッド・ドラゴンを飼育したいです。

created by Rinker
ジクラ (Zicra)
¥831 (2020/09/21 21:07:56時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

今回プラカットを落としてしまいました。

しかし、また機会をみてチャレンジしたいと思います。

今回はいろいろ試してみましたが全て裏目に出てしまった感じです。

ただ失敗した事で見えてきたものもあります。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。