ベタ水槽にみどり商会ピタリ適温丸大を設置しました。

現在10月下旬ですが私の住んでいる地域では、まだ室温が25℃前後あります。

北の人からすれば想像を絶する暖かさです。

しかし夜はそれなりに冷え込むため、みどり商会ピタリ適温プラス丸大を設置しました。

created by Rinker
みどり商会
¥2,081 (2020/09/24 19:39:16時点 Amazon調べ-詳細)

みどり商会ピタリ適温丸大の特徴

消費電力が2.75Wと省電力です。

24時間使用しても月55円程度の電気料金です。

本来500~800ml用のパネルヒーターですが2L水槽で使用しています。

室温が最低15℃を保てれば水温18℃以上をキープできます。

滅多にありませんが室温が15℃を切る時はエアコンで暖房を入れます。

パネルヒーターはある程度の室温を維持できる場合は有効です。

ただし室温が15℃未満のケースでは投げ込み方式のヒーターを利用すべきです。

やはり熱帯魚ですから15℃未満の水温は厳しいです。

ベタはどの程度の低水温に耐えられるか。

一時的であれば15℃程度の低温にも耐えられますが、最低でも18℃以上の水温を維持すべきでしょう。

逆に18℃以上あれば餌くれダンスもしますし、意外に活発に動きます。

沖縄の川に行くと野生化したグッピーやパラダイスフィッシュ(タイワンキンギョ)などの熱帯魚がたくさんいます。

沖縄は1月が最も寒く平均気温17.3℃、最高気温24.4℃、最低気温10.5℃です。

種類や個体にもよりますが、この気温だと野生下でも生き残れます。

なお沖縄で自生化しているパラダイスフィッシュは「トーイユ」と呼ばれ、絶滅危惧種に指定されています。

採取して自宅に持ち帰ったりしないようにしましょう。

まとめ

一日中ヒートマットを稼働させるのは11月下旬になってからです。

それまでは寝る前にスイッチオンにして朝方にスイッチを切ります。

理由は夜から朝方にかけて最も気温が下がるからです。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。