ベタ用にジクラ (Zicra) ジクラウォーター ベニッシモ 熱帯魚・水草用 500mlを購入した感想。

2020年1月18日

現在カルキ抜き剤兼コンディショナーとして「ジクラ (Zicra) ジクラウォーター ベニッシモ ベタ用 250ml」を使用していますが、コスパがあまり良いとは言えません。

そこで日常使いとして「ジクラ (Zicra) ジクラウォーター ベニッシモ 熱帯魚・水草用 500ml」を購入しました。

ボトルの色はブルーかと思っていましたが、濃い水色といった感じです。

なぜジクラウォーター ベニッシモ 熱帯魚・水草用 500mlを購入したのか。

ジクラウォーター ベニッシモ ベタ用 250mlは品質的には全く問題ありません。

しかし1Lあたり10mlの投与が必要となります。

冬場はいいとしても、換水が増える夏場はコスパが悪化します。

そこで考えたのがジクラウォーター ベニッシモ 熱帯魚・水草用 500mlの導入です。

ジクラウォーターベニッシモ 熱帯魚・水草用 500mlの投与量は1Lにつき1mlです。

入れすぎても生体に害はないのできっちり計る必要はありません。

大体500mlボトル1本で500L分の換水用飼育水が作れます。

かなりコスパがいいですね。

ジクラウォーターベニッシモベタ用250mlは引き続き使用。

コストが気にならない人はジクラウォーター ベニッシモ ベタ用 250mlを使い続けてもいいでしょう。

今後もベタの調子が上がらない時や病気の時は、ジクラウォーター ベニッシモ ベタ用 250mlを使用します。

塩浴や薬浴時のサポートとしても使用できます。

熱帯魚用と併用していく考えです。

まとめ

現在、ジクラウォーターはベタ用、メダカ用、熱帯魚用と3本保有しています。

ジクラウォーター導入後、乾燥赤虫の与えすぎで星になった白メダカ以外はみんな元気です。

生体が次々星になる現象はピタッと止まりました。

水質をキープできているので水が多少濁っても生体への影響はないようです。

熱帯魚用を実際にベタに使用した感想については、後日アップしたいと思います。

効果を判断するには最低でも1か月位はかかるでしょう。

熱帯魚と銘打ってあるのでベタに使用しても大丈夫とは思います。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。