ベタ2L水槽にジクラ (Zicra) ジクラウォーター ベニッシモ 熱帯魚・水草用 500mlを使用した感想。

2020年2月8日

ジクラ (Zicra) ジクラウォーター ベニッシモ ベタ用 250ml」は品質的に全く問題ない製品ですが、ややコスパに難があります。

そこで「ジクラ (Zicra) ジクラウォーター ベニッシモ 熱帯魚・水草用 500ml」をベタ水槽に使用してみました。

現在の飼育環境は以下の通りです。

松野工業 ガラス容器 FR-37 ビューレット(L)
みどり商会ピタリ適温プラス丸大
・アナカリス1本
・大砂利(底に3分の1)

ベタは引き続き好調

ベタも熱帯魚です。

そこでコスパのいいジクラウォーターベニッシモ 熱帯魚・水草用 500mlを使ってみました。

1か月程度ベタ水槽に入れてみましたが、ベタは元気です。

ヒレ裂けやピンホール、コショウ病などのトラブルも皆無です。

お迎えした頃は体の側面が色落ちして灰色になっていましたが、現在では本来の赤色を取り戻しています。

ジクラウォーターベニッシモ 熱帯魚・水草用 500mlの使い方

現在、換水用飼育水1Lに対しジクラウォーターベニッシモ 熱帯魚・水草用 500mlを、1ml加えて使っています。

ベタ水槽の容量が2Lしかないのでジクラウォーターほとんど減りません。

また熱帯魚・水草用 500mlはジクラウォーターシリーズの中で最もニゴリを抑える効果があります。

結構水も澄んできました。

水草も成長

製品名にも「水草用」とある通り、刺身のツマのようだったアナカリスも大きくなってきました。

ジクラウォーターは全体的に水草の成長を促進させますが、ジクラウォーター ベニッシモ 熱帯魚・水草用 500mlは水草の成長にかなり効果があるようです。

なぜジクラウォーターを使うと病気になりにくいのか。

現在ジクラウォーターはメダカ用、ベタ用、熱帯魚・水草用の3種類を使っています。

ジクラウォーターの主成分は海洋珪藻土であり、珪藻の主成分はSiO2です。

化学式を見るとS(硫黄)が含まれています。

今から7万年前インドネシアのスマトラ島北部にあるトバ火山が大噴火を起こし硫黄を含んだ火山灰が地表に降り積もりました。

この火山による影響で人類の人口が一気に減ったという説が有力でした。

しかし最近になりこのトバ火山の大噴火が人類繁栄の起点になったとの学説が出て来ました。

理由は人間にとって有害な細菌やウイルスが、降り積もった火山灰に含まれる硫黄によって死滅してしまったからです。

硫黄には細菌を死滅させる機能や抗ウイルス機能があるのではないか、という説もあります。

近年、薬剤耐性を持つサルモネラ菌が出現し問題になっています。

いわゆる薬が効かない細菌です。

あくまで個人的な意見ですが、今後薬剤耐性を持つ細菌やウイルスに対して、硫化化合物が使用されるのではないかと予想しています。

まとめ

今後ベタ飼育には、普段使いとしてジクラウォーターベニッシモ熱帯魚・水草用500mlを使用していきます。

ヒレ裂けやピンホール、便秘や病気になった場合は、ジクラ (Zicra)ジクラウォーターベニッシモベタ用250mlを使っていく予定です。

優先順位としは、ジクラウォーター熱帯魚・水草用500mlジクラウォーターベタ用250ml→塩浴→薬浴です。

熱帯魚・水草用で健康な状態を保てればベストです。

その分ジクラウォーターベタ用250mlや塩浴用の塩、薬品を節約できます。

またジクラウォーターは、ボトルの底に海洋珪藻土が沈殿しやすいのでよく振ってから使用するようにしましょう。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。