ベタ水槽内の掃除

2019年7月16日

ベタを低容量の水槽で飼っていると、水槽内部に苔が発生することがあります。

これは、低容量水槽の宿命です。

水量が少ないと、その分水質も変化しやすくなります。

水槽内部に苔が発生した場合、使用済みの歯ブラシを使い、物理的に除去します。

使用済みの歯ブラシは一旦熱湯消毒し、乾燥させてから使います。

さすがに、歯磨き粉がついたまま使用するのはベタにとってよくありません。

その後の歯ブラシのメンテナンスですが、晩秋から春にかけて、水を温めるためお湯を使います。

その時、水槽メンテナンス用の歯ブラシもお湯につけて殺菌するといいでしょう。

水槽の清掃に歯ブラシを使うメリット

この方法だと水槽のサイズが小さいこともあり、短時間で苔を除去できます。

短い時間で済むのでベタのストレスにもなりません。

ベタも慣れっこになっているので、昇り竜のような勢いで水面へ呼吸をしに行き、また水底に戻っていきます。

表面からそぎ落とした苔はスポイトを使い、吸い取ります。

これで、水槽内の環境がかなり良くなります。

まとめ

水槽内に苔が発生すると見栄えも良くないし、さらに水質が悪化する負のスパイラルにおちいります。

その場合、歯ブラシを使い、すぐに苔を除いてあげましょう。

苔を取り除くとまたきれいな水槽に戻ります。

あまりに苔の発生が頻繁に起こる場合は、水槽のレイアウトを見直したり、水槽の掃除を行ってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

created by Rinker
松野工業(Matsuno)
¥2,253 (2020/02/19 12:14:15時点 Amazon調べ-詳細)