wpXクラウドが2019年10月24日で新規加入受付を終了する話。

先日Wpxクラウドから一通のメールが届きました。

2019年10月24日(木)正午をもって「wpXクラウド」の新規受付を終了するという内容のメールでした。

一瞬目が点になりました。

どうやら既存の顧客はサービスを利用できるらしい。

またメールには、すでにご利用いただいている「wpXクラウド」のサーバーアカウントは引き続き利用できるとの記載がありました。

ただ契約期間が過ぎた場合の対応について明確な文章はありませんでした。

早速、次候補のサーバー会社を捜す。

契約更新できるかどうかは定かでないため他のサーバー会社を捜してみました。

現時点で候補に上がっているのは以下のサーバー会社です。

カラフルボックス

カラフルボックスはサーバーに最新の「LiteSpeed」を採用し、ストレージには高性能SSDを使用しています。

現時点では最新の組み合わせです。

一番価格の安いBOX1プランは初期費用無料(3か月以上の契約で無料)、年間料金は6960円です。

一月あたりの料金は580円です。

これならペイしそうです。

LiteSpeedとSSDの組み合わせでこの料金は良心的ですね。

スターサーバー

スターサーバーは、ハイスペックのCPU・大容量メモリ・オールSSDの最新マシンを搭載したクラウド型高速レンタルサーバーです。

年間料金はライトプランで4500円(年間料金3000円、初期費用1500円)とリーズナブルです。

一月あたりの料金は375円です。

JETBOY

JETBOYWEBサーバーにLiteSpeedを採用し、ディスクにはSSDを搭載しています。

料金体系はカラフルボックスとほぼ同じです。

14日間の無料お試し期間もあります。

ランニングコストならスターサーバー、最新の「LiteSpeed」サーバーを使いたいならカラフルボックス・JETBOYということになります。

このあたりは悩ましいところです。

最終的には実際自分が使ってみてどうかだと思います。

まず自分のサイトを分析しよう。

このサイトは現在月間8000PV前後です。

一日のデーター転送量は100MB前後なので、月あたりのデーター転送量は3GB程度です。

ディスク使用量は500MBです。

動画もアップしていますが1MB~3MBに圧縮しているので、ディスク使用量は1GBもありません。

このレベルだとWordPressが使えるエントリープランでも十分です。

どこのサーバー会社を使用するにしても自己サイトのデーター転送量やディスク使用量は把握しておきましょう。

自分に最適なプランを選べます。

まとめ

以前と比べてサーバー会社の選択肢は増えています。

契約期間終了が近づいてきて検討すると、サーバー移転が間に合わないケースもあります。

面倒でも2ヶ月位前から準備したほうがいいでしょう。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。