ドストエフスキーと言えば「罪と罰」「カラマーゾフの兄弟」です。

しかし「死の家の記録」を読んで、これが一番面白いと思いました。

ド ...

ロシアの巨匠・ドストエフスキーの最高傑作として上げられるのが「カラマーゾフの兄弟」です。

無神論や当時のロシアの格差社会がこれでもかと描かれま ...

「万延元年のフットボール」の印象は、「古く、そして新しい」です。

四国の山奥で、デヴィッド・フィンチャー的世界が繰り広げられます。

「罪と罰」は神無き時代にどう生きるのかを問うた作品です。

読むのを避けては通れない世界屈指の名作です。

「罪と罰」を読んだ感想

独特 ...

今回紹介するのはバルガス=リョサの「ラ・カテドラルでの対話」です。

9月に入ってから読み始め、読了したのは12月でした。

読者に圧 ...

今回はジョン・アーヴィングの傑作「ホテル・ニューハンプシャー」を紹介します。

裏表紙に「80年代におけるアメリカ文学の傑作。」とありましたが、 ...

邦題は「イギリス人の患者」ですが、原題は「The English Patient」です。

1996年に映画化され、第69回アカデミー賞で最多1 ...

今回は1993年にノーベル文学賞を受賞したトニ・モリスンの代表作「ビラヴド」を紹介します。

単行本のデザインが秀逸ですね。

読者は ...

今回紹介するのは、ガブリエル・ガルシア=マルケスの「百年の孤独」です。

「百年の孤独」はガブリエル・ガルシア=マルケスの代表作です。

今回紹介するのは、マーガレット アトウッド の「侍女の物語」です。

マーガレット アトウッドはカナダを代表する作家です。

「侍女の ...