セミの声

2019年2月10日

セミの声がにぎやかな季節になってきました。

セミといっても、一種類ではありません。

中には鳴き声で識別できる個体もいます。

今さかんに鳴いているのは、クマゼミです。

クマゼミの鳴き声は、「ジィ、ジィ、ジィ、ジィ、ジィ・・・・・」という声です。

クマゼミは透明の羽を持ち、大型の個体なので見ればすぐわかります。

大暑から立秋までが、最も活動がさかんな時期です。

クマゼミの幼虫期間は5年前後と言われています。

脱皮して成虫になり、地上で活動できる時間はわずか2週間前後です。

その間に交尾し、子孫を残さないといけないわけです。

そう考えると、セミの一生も熾烈です。

うるさいと思う時もありますが、そんなセミの生態をしっていれば、むしろ夏の風物詩

として感じられるのではないでしょうか。