2020年第92回米アカデミー賞速報。

日本時間の2020年2月10日、第92回米アカデミー賞が発表されました。

主要5部門の結果速報です。

個人的な事前予想は以下の通りです。

・作品賞「マリッジ・ストーリー」
・主演男優賞 ジョナサン・プライス「2人のローマ教皇」
・主演女優賞 シンシア・エリーボ「ハリエット」
・監督賞 ポン・ジュノ「パラサイト 半地下の家族」
・外国語映画賞 ポン・ジュノ「パラサイト 半地下の家族」

作品賞は「パラサイト 半地下の家族」

パラサイト 半地下の家族」が外国映画として初の作品賞受賞しました。

貧困と格差をブラックコメディ風に描いた作品です。

作品賞はハリウッド最後の牙城と予想していたので、「パラサイト」の受賞は想定外でした。

良い映画であれば、国内外を問わないというアカデミー会員の姿勢が見えた選考結果です。

主演男優賞はホアキン・フェニックス

主演男優賞は「ジョーカー」のホアキン・フェニックスが受賞しました。

ホアキン・フェニックスはリヴァー・フェニックスの実弟です。

出生地はプエルトリコのサンフアンです。

印象に残っているのは、「グラディエーター」のコンモドゥス帝ですかね。

再度レンタルして見てみたいと思います。

created by Rinker
¥399 (2020/09/19 20:24:08時点 Amazon調べ-詳細)

主演女優賞はレネー・ゼルウィガー

主演女優賞は「ジュディ 虹の彼方に」のレネー・ゼルウィガーが受賞しました。

国籍はアメリカですが父はスイス人、母はノルウェー人という米国外にルーツを持つ女優さんです。

レネー・ゼルウィガーが出演した映画は今まで一回も見ていません。

オスカー女優といえど、最初はB級映画からのスタートです。

今度「危険な天使」を近所のツタヤで探してみます。

残念ながらAmazonプライムにはありませんでした。

created by Rinker
¥475 (2020/09/19 20:24:09時点 Amazon調べ-詳細)

監督賞はポン・ジュノ

ここは予想通り、韓国人監督ポン・ジュノが受賞しました。

作品賞を受賞したので、監督賞も当然と言ったところでしょうか。

外国語映画賞は「パラサイト 半地下の家族」

今年の外国語映画賞はパラサイト 半地下の家族」が受賞しました。

これは予想通りでした。

ノミネート作品の中では、作品の質が抜けていましたね。

ポン・ジュノ監督は外国語映画賞・作品賞・監督賞・脚本賞を含め4冠となりました。

まとめ

最後に第92回米アカデミー賞の結果をまとめておきましょう。

・作品賞 「パラサイト 半地下の家族」
・主演男優賞 ホアキン・フェニックス「ジョーカー」
・主演女優賞 レネー・ゼルウィガー「ジュディ 虹の彼方に」
・監督賞 ポン・ジュノ「パラサイト 半地下の家族」
・外国語映画賞 「パラサイト 半地下の家族」

主演男優賞・主演女優賞は前哨戦のゴールデングローブ賞と同じ結果でした。

順当な結果ですね。

やはりサプライズはパラサイト 半地下の家族です。

作品賞まで取ってしまうのは、予想できませんでした。

米アカデミー賞というとアメリカ国内の映画賞といった感じでしたが、国際映画祭のようになってきましたね。

良作であれば、国籍も人種も問わないという思い切りリベラルな方向に振り切れています。

これは良い傾向だと思いますね。

個人的には、「1917 命をかけた伝令」「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」などはDVDがレンタル開始されれば見てみたい作品です。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。