FX・2020年上半期の成績

今回はFX・2020年上半期の成績を振り返ってみます。

ぶっちゃけ言うと2020年上半期は売りを仕掛けては、踏み上げを食らう繰り返しでした。

10%のドローダウンを喫す

証拠金の10%を失いました。

昨年の儲けを全て飛ばしてしまいました。

週足を見ずにトレードしていた事が敗因です。

12時間足や日足を見ているだけでは、レベルの高い・低いはわかりません。

やはり週足や月足まで見てトレードしないといけませんね。

今後の課題

相場に動意がないので、売りが決まらない印象です。

それでも生き残っているような私の存在は、買い方からすればやりにくい存在でしょう。

よって2020年の下半期は週足を見ながら、売っていこうと考えています。

また全ての時間足に当てはまる事ですが、一目均衡表で雲のねじれがあると流れが変わります。
そのあたりもきちんと見ていきたいですね。


まとめ

2020年の下半期はとりあえずプラマイゼロにするのが目標です。

10%のドローダウンなので、証拠金の量は十分にあります。

こういう時、焦ってフルレバで行くと地獄を見ます。

コツコツ取り返して行きます。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。