XM MT4の操作で困った事をまとめてみました。

2019年5月14日

MT4の操作感は独特です。

まずトレードするまでが大変です。

MT4でトレードするまでに、つまずいた体験談を紹介します。

MT4にログインしても無効な口座と表示される

MT4の画面右下に「無効な口座」と表示されたら、まずXM口座開設後に受け取った「XMTradingへようこそ」というメールを確認しましょう。

そのメールにMT4のIDとサーバー名が記載されています。

MT4

そのIDとサーバー名をコピペして、ログインすれば解決します。

有効な口座にログインできたらMT4画面右下のステータスが以下のように変化します。

MT4

まずはバーチャートをローソク足に変更する

MT4はログインすると、最初はバーチャートになっています。

まるで映画「マトリックス」のプログラム画面のようです。

見にくくてしょうがありません。

まずはバーチャートをローソク足に変更しましょう。

メニューバーの[ローソク足]をクリックすると、バーチャートからローソク足に変わります。

ローソク足

次にメニューバーのズームインを連打します。

ズーム

これで何とか見られるチャートになります。

ローソク足の高値・安値・始値・終値がわからない。

ローソク足にカーソルを合わせると、MT4の画面右下に価格が表示されます。

レート

O(Open)が始値です。

H(High)が高値です。

L(Low)が安値です。

C(Close)が終値です。

テクニカルのあるところがわからない

メニューバーの[挿入]からテクニカル指標を選択できます。

テクニカル

ライン、チャネル、ギャン、フィボナッチなどを選べます。

テクニカルが消せない

MT4上でフィボナッチリトレースメントを引いた時、消せませんでした。

赤い破線を何度もクリックすると選択モードになります。

後はDeleteキーを押すか、右クリックメニューから [削除]を選ぶと、テクニカル表示を消せます。

トレンドラインのような補助線はラインを連打すれば選択できます。

こちらもDeleteキーを押すか、右クリックメニューから [削除]を選ぶことによって消去できます。

チャート上のグリットを消したい

チャートを見たとき、グリットがあると見にくいですよね。

メニューバーの[チャート]から[グリット]をクリックすると、グリッドを消せます。

グリッド

 

レートは日本のレートに近い

GMOクリック証券のプラチナチャートと比較しても、レートは同じ位です。

日足の足型も日本と変わりません。

レート、足型とも国内のチャート同じなので、国内FX会社のチャートを参考にできます。

個人的には、GMOクリック証券のプラチナチャートをメインで使用しています。

まとめ

MT4は海外製のシステムなので、国内チャートに慣れた人にとっては最初戸惑います。

ただし、ちょっと設定するだけで使えるチャートになります。

次回はMT4における注文について紹介します。

記事を読んでいただきありがとうございました。