簡単なXMマイクロ口座の開設方法

2019年5月6日

今回は、私が実際に行ったXM口座開設方法を紹介します。

入力する前にスキャンした身分証明書を用意しておくと、口座有効化まで一気に行けます。

正確に入力しましょう。

個人情報の入力

個人情報

まず名前ですが、入金・出金に使用する予定のクレジットカード・デビットカードと同じイニシャルを使用しましょう。

たとえば、「じ」だとカード的には「ZI」や「JI」で表示されているでしょう。

ローマ字で名前を入力するときは、カードと同じイニシャルを入力するようにしましょう。

電話番号ですが携帯の場合、+81の後に最初の0を除いた番号を入力します。

例えば、「08012345678」だった場合、0を除いた「8012345678」を+81の後に入力します。

よって入力形式は「+818012345678」となります。

Eメールは、YahooメールやGmailのようなフリーメールアドレスでかまいません。

取引口座詳細

取引プラットフォーム

今回はマイクロ口座(1lot=1,000)開設なのでMT4を選択します。

MT5はマイクロ口座(1lot=1,000)に対応していません。(2019年2月27日記事執筆時点)

口座タイプはマイクロ口座(1lot=1,000)を選択します。

マイクロ口座

個人情報の入力

個人情報

全角カナ表記で氏名を「タロウ」「タナカ」のような形式で入力します。

生年月日は「日 月 年」の順に入力します。

口座開設後に提出する書類と内容を一致させるようにしてください。

間違っていると口座凍結の可能性があります。

住所詳細

住所詳細

都道府県は東京都なら「Tokyo」と入力します。神奈川県なら「Kanagawa」と入力します。

区町村・町名は、例えば千代田区永田町ならば「Nagatachou,Chiyoda-ku」と入力します。

番地部屋番号は英語表記のため部屋番号から入力します。

例えば「2丁目6番地21号 建物名 203号室」だったとすると

「203-2-6-21」と入力します。

15文字以上入力するとエラーが出るので建物名は省略して入力します。

郵便番号はハイフンなしで入力します。

〒100-0014なら「1000014」と入力します。

納税義務のある米国市民ですか?という問いには大抵の方は「いいえ」だと思います。

取引口座詳細

取引口座詳細

この画像の通りに入力しておけば問題ないでしょう。

投資家情報

投資家情報

この部分に関しては、適当に入力してかまいません。

ただし、投資額(USD)の項目は、0-20,000を選択しましょう。

ここで投資額を20,000以上にすると、レバレッジが200倍に制限されます。

レバレッジ888倍以上でトレードしたい場合は、「0-20,000」を選択します。

口座パスワード作成と利用規約に同意する。

口座パスワード

口座パスワードは大文字・小文字・数字を含めた、8~15 文字の長さのものを設定します。

確認の同意ボックスにチェックを入れ、[リアル口座開設]をクリックします。

登録メールアドレスを確認する

認証メールアドレス

口座開設が完了するとXMから登録メールアドレスに確認メールが届きます。

メールが届いてから24時間以内に必ず認証(クリック)するようにしましょう。

認証が完了すると、すぐにMT4のIDとサーバー情報が記載されたメールが届きます。

ID情報とサーバー情報は、MT4ログイン時に必ず必要になるので削除せず保存しておきましょう。

XMログインパスワード

以上でXMの口座開設は完了です。

身分証明書・住所証明書のアップロード

XMは身分証明書・住所証明書の審査がかなり厳しいです。

デジカメで撮影した不鮮明なものは、ほぼはねられると思って間違いありません。

スキャナーでスキャンした鮮明なものを、アップロードするようにしましょう。

身分証明書

顔写真(カラー)がついたものでないと受理されないので注意しましょう。

・マイナンバーカード(住所証明書との併用不可)

・運転免許証(住所証明書との併用不可)

・パスポート

・写真付き住基カード

・外国人登録証/在留カード(引用)

私はマイナンバーカードをコンビニのコピー機でスキャンして提出しました。

コピー機でスキャンすると周囲にかなりの余白ができます。

Winndowsに付属しているペイント(画像編集ソフト)を使い、余白を切り取って提出しました。

住所証明書

マイナンバーカード(本人確認書類との併用不可)
運転免許証(本人確認書類との併用不可)
健康保険証

以下の書類は、発行後6か月以内であることが条件です。
住民票
公共料金請求書/領収書(電気・ガス・水道など)
電話料金明細書/領収書
クレジットカード・銀行明細書/領収書
納税関係書類

私は住民票をコンビニのコピー機でスキャンして提出しました。

運転免許証などで、住所変更が裏面に記載されている場合は裏面の提出も必要になります。

まとめ

XMの場合、口座開設はオンラインで容易にできます。

後は、鮮明な身分証明書・住所証明書を用意しておけば口座を有効化でき、すぐにトレードを開始できます。

XMの口座開設のポイントは、鮮明な身分証明書・住所証明書を用意できるかどうかだけです。

スキャンするだけなので難しいことではありません。

MT4の使い方は2週間程度で慣れ、違和感なくトレードできます。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。