ユーロドル相場・日足の3本足を利用したトレード手法

2019年7月4日

2019年5月13日のユーロドル相場です。

今回は日足の3本足を利用したトレード手法を紹介します。

なおこの手法も連戦連勝の聖杯システムではありません。

トレード手法の叩き台として参考にしてください。

トレード手法の説明

前日の高値を、当日の高値で抜いたが終値が上回れなかった時に使用するトレード手法です

日足パターン的にはかぶせ線のパターンです。

このようなパターンでは、5月9日の高値を指値に、5月10日の高値を逆指値にして仕掛けます

しかし、XMマイクロ口座はスプレッドが広いので5月10日の高値を逆指値にすると約定した瞬間にストップロスにひっかかります。

上の方の節目に、5月1日の高値1.12645があります。

今回はこのラインを逆指値として設定します。

ユーロドル

トレード実況

まずユーロドル相場の5月10の日足を見ます。

前日の高値を抜いていますが、終値は前日の高値を上回ることなく引けています。

よって5月9日の高値1.12508を指値にして売りを仕掛けます。

5月10日の高値は逆指値として近すぎるので、5月1日の高値1.12645を逆指値とします。

実際のトレードでは、約定した後かなり深く突っ込まれますが、逆指値には届かず、リスクリワード1:2のラインで利益確定できました。

まとめ

前日の高値を一時的に突破したにもかかわらず、終値が前日の高値を上回れなかった場合は何かあると疑ってみましょう。

相場の転換期かもしれません。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。