ユーロドル相場、日足の遅行線を使用したトレード手法

2019年7月31日

2019年6月17日のユーロドル相場です。

今回は、日足の遅行線を使用したトレード手法を紹介します。

なおこの手法も連戦連勝の聖杯システムではありません。

トレード手法の叩き台として参考にしてください。

日足の遅行線を使用したトレード手法

遅行線

2019年6月17日のユーロドル相場における遅行線の位置は、5月13日になります。

よって5月13日の日足を元に指値、逆指値のラインを決定します。

指値は61.8%のラインである1.12454です。

逆指値は5月13日の高値1.12633です。

トレード実況

6月17日の高値は1.12466だったので、指値で約定します。

逆指値にかからずそのままプラス方向に動きます。

40pipsの1.12054で利益確定し、リスクリワード1:2のトレードに成功しました。

まとめ

もみ合い相場になると一目均衡表の遅行線がトレードの貴重な手がかりになってくれます。

チャートを見る時、どうしても直近のローソク足に目が行きがちですが遅行線も見るようにすれば、トレードのチャンスも増えます。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。