ユーロドル相場、日足の3本足を利用した後の先トレード

2019年8月7日のユーロドル相場です。

今回は、日足の3本足を使用したトレード手法を紹介します。

なおこの手法も連戦連勝の聖杯システムではありません。

トレード手法の叩き台として参考にしてください。

日足を使ったトレード手法

8月5日の高値を、8月6日の終値が切り下げています。

チャート

よって、5日の高値1.12130が指値となります。

しかし朝起きてチャートを見てみると、すでに指値のラインをブレイクしていました。

こういう時、もっと早く起きていれば仕掛ける事ができたのに、とがっくりする時がありますよね。

その場合まだ届いていない節目から仕掛けます。

今回はまず8月6日の日足の高値をトップ、安値をボトムにフィボナッチリトレースメントを取ります。

そして、23.6%にあたる1.12301を指値に設定します。

逆指値は、8月6日の高値1.12494です。

トレード実況

7日に指値で約定します。

その後、1.12416までドル安に進みますが、逆指値に届かずドル高に転じます。

1.11901で決済し、リスクリワード1:2のトレードに成功しました。

まとめ

チャートを見るとユーロドルはもみあい相場です。

ドルの金利が下がったので、方向感のない相場になっています。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。