やり出したら止まらない「ダービースタリオンアドバンス」を購入した感想。

2020年9月5日

DSゲームシリーズ第4弾は「ダービースタリオンアドバンス」です。

本来は「ダービースタリオンDS」を購入予定だったのですが、逃げ・先行ではほとんど勝てないという評価があったので、アドバンスにしました。

今回はダービースタリオンアドバンスのレビューです。

created by Rinker
エンターブレイン
¥172 (2020/09/17 23:38:30時点 Amazon調べ-詳細)

さっそくDSにセットして動作確認

まずゲーム機前のカバーを外し、アドバンスのカートリッジをセットします。

DS

ラベルの貼ってある方を下に向けて差し込みます。

しかし認識しません。

ゲーム機、カートリッジ両方の差込口に息を吹きかけ、再度セットすると認識しました。

このあたりはファミコンと一緒ですね。

ダービースタリオン

ゲームバランスは上々

この手のゲームは難易度の高いものが多いのですが、ちゃんとした配合を繰り返していけば、ほとんどの産駒が準オープンか1000万下まで行ってくれます。

牧場の資産もコツコツやっていれば10億、20億と増えて行きます。

難易度が高すぎて、途中で投げ出すことはないでしょう。

自己所有の産駒が出走するレースは、飛ばせませんが操作性は◎です。

厩舎に預けておけば、勝手に調教してレース選択して出走させてくれます。

プレイヤーは配合や放牧、レース戦略(逃げ・先行、差し・追い込み)に集中できます。

やり出したら止まらない

日曜日の昼頃に届きました。

夕方4時頃から始めて、朝方3時まで11時間連続でプレイしました。

その週は睡眠不足が中々解消されずきつかったです。

もうダメ人間ですね。

しかしその甲斐もあってか、G1を勝つ馬やステークスウィナー(重賞勝ち馬)も出て来ました。

あくまで現実的な配合を心掛ける。

裏技的な配合があるのかもしれないのですが、個人的には現実的な配合を行っています。

それでそこそこ結果は出ます。

例えば実際に走っている競走馬の配合を調べてみましょう。

まずは、無敗の皐月賞馬・コントレイルです。

父はサンデー系、母はネイティブダンサー系です。

もう一頭は無敗で朝日杯を制したサリオスです。

父はサンデー系、4代父はブランドフォード系です。

やはりネアルコ系の4段付けで走る馬は稀(まれ)です。

ゲームでもヘロド系、マッチェム系、ネイティブダンサー系、ブランドフォード系など異系の血を配合しましょう。

ダビスタのセリに出ている繁殖牝馬にはモデルがいます。

その繁殖牝馬の産駒を調べれば、どういう配合をすべきかわかります。

それはまた攻略法で紹介します。

まとめ

配合や攻略法についてはまたやり込んだ後に説明します。

ある程度、攻略法がわかれば短時間で結果が出ます。

競馬好きな人にはずっと遊べるゲームです。

やり込み度は群を抜いています。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。