人生の運気を上げる究極の方法。

2020年7月25日

人間関係も健康もお金も何ひとつ思い通りにならない、そういう暗黒時期にハマった事はありませんか。

年始ということもあり、そういう方のために運を上げる究極の方法を紹介します。

罪人から従五位まで出世した水野南北

水野南北(1760年~1834年)は江戸時代後期に活躍した観相家です。

元々、南北は無頼の徒でした。

幼い時期に両親を亡くした南北は、10歳頃から酒、盗みを覚え喧嘩と博打に明け暮れる日々を送ります。

一種の傾奇者(かぶきもの)ですね。

しかし18歳の頃、刃傷沙汰を起こし牢屋に入れられます。

普通であれば、その後も傾奇者としての人生を送ったはずですが南北は違いました。

牢内で人相と運命に関係があることに気づいたのです。

牢を出た後、南北は人相見から顔に死相が出ていると言われ大いに慌てます。

一大決心した南北は瑞龍寺 (大阪市)で麦と大豆だけの修行を送ります。

半年の修行後、南北の死相は完全に消え運気も好転していました。

観相学に目覚めた南北は、火葬場の隠亡(おんぼう)になり死人の相を観察したり、風呂屋の三助になり全身の相を研究したりして観相学に没頭します。

そして修行の末、南北相法を確立しました。

節食こそが運気を上げる。

水野南北が確立した相法は実にシンプルです。

「食を少なくすることが、健康だけでなく運気を上げる。」と説きました。

南北は著書の中で以下のように言っています。

それ人は食を本とす。故に人の良薬は食なり。
食を厳につつしむ者は、必ず大難を逃れかえってその年に吉事来る者多し。
生涯貧窮の相ありといえども、今人に知られ多いに用いらる者多し。
故に容姿、貴賤、寿天、窮楽・・・皆飲食の慎みにあるべし。

従五位まで出世する。

南北自身少食を実践し、一日に麦1合5勺、酒一合、副食を一汁一菜にした結果、観相家として頭角をあらわし、光格天皇から従五位に叙せられます。

江戸時代は現代より保守的な時代です。

元罪人が天皇から官位を賜るなど考えられない時代です。

いかに観相家としての水野南北の評判が凄かったか伺い知れます。

created by Rinker
¥748 (2020/09/19 22:06:20時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

私の場合、2週間に1回は酵素ドリンクを使用しファスティングをするようにしています。

最近は筋トレも開始しました。

ダイエットというよりは、節食を実践し運気を上げていくつもりです。

パナソニックの創業者で「経営の神様」と言われた松下幸之助さんは「人生の9割は運」と言い切っています。

なお松下幸之助は94歳まで長寿されています。

幼少の頃、病弱だったことから節制されていたのでしょう。

一番大切なのは現在どんな状況でも自暴自棄にならない事です。

暴飲暴食を慎み、節食を心がけていけば運も開けていくのではないでしょうか。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。