ベランダでミニトマトを栽培し収穫を開始しました。

2020年7月24日

ミニトマトはホームセンターで、100円程度で購入し栽培を開始しました。

その後水やりと2週間に一度肥料をあげていたらすくすく成長し、収穫までたどりつきました。

苗から育てると、植え付けから収穫までの期間が短いです。

今回はミニトマトを栽培し収穫した件を紹介します。

支柱を立て、結束バンドで固定する

ミニトマトは物凄い勢いで成長します。

百均で購入した支柱を鉢に立て、苗を結束バンドで固定します。

ミニトマト

結束バンド

固定する場合は、針金やヒモでもかまいません。

剪定と摘心を行う

ある程度成長したら剪定(せんてい)を行います。

花のついていない枝を切っていきます。

ざっくりでいいです。

かなりの枝を剪定しました。

剪定

また背丈が1m程度まで伸びたら摘心します。

摘心とは幹の先を摘んで実を成長させることです。

摘心することで実の成長を促進し、収穫量を増やせます。

摘心

赤くなったものから順次収穫する

ミニトマトは下の方から実が熟していきます。

赤くなったものから収穫していきましょう。

ミニトマト

ミニトマト

しばらくすると葉も下のほうから枯れてきます。

そうなったら、枯れた葉も剪定して取り除きます。

まとめ

ミニトマトなのでメインとして使うには物足りない量です。

トマトを切らした時や買い忘れた時に使用できる量だと考えておけばいいでしょう。

トマト1個を買うために、スーパーに行くのは気が滅入ります。

そんなとき、ミニトマトが家庭菜園にあれば便利です。

私の住んでいる地域では、11月下旬頃まで気温20℃以上が続きます。

ミニトマトの収穫が終わったら、秋トマトの栽培にも挑戦したいと思います。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

created by Rinker
ハイポネックス
¥657 (2020/09/21 07:09:07時点 Amazon調べ-詳細)