2020年かしわ記念の結果とレース回顧~ワイドファラオが悲願のG1初勝利を達成。

2020年5月10日

地方競馬を分析するときの出馬表・オッズ・ライブ映像に関してはkeiba.go.jp を参考にしています。

今回は上半期のダートグランプリ、帝王賞の前哨戦としても重要なかしわ記念(G1)を振り返ります。

created by Rinker
エンターブレイン
¥387 (2020/09/28 07:16:45時点 Amazon調べ-詳細)

ワイドの買い目予想

まず1.2.3番人気馬のワイドボックス馬券5.6.7を購入します。

このレースは7頭立てでしたが、かなり骨っぽいメンバーが集まりました。

その中で本命にしたのは6.サンライズノヴァです。

中央でも地方でも堅実に走る馬です。

他の有力馬が休み明け、激走後の反動、初地方といった何らかの不安を抱えているので、サンライズノヴァを本命としました。

鞍上が武豊騎手なのも心強いです。

頭数が7頭と少ないので、馬連は6-3.アルクトスの1点のみとします。

今年に入って主要レースで4番人気馬がほとんど連対していません。

いわゆる人気の出目で4番人気馬アルクトスを選びました。

三連単の買い目

このレースにおける単勝オッズ30倍未満の頭数は6頭でした。

単勝30倍未満の頭数が9頭以下の場合は、三連複100倍未満の組み合わせから三連単を選択します。

6-3からの流しで三連複100倍未満の組み合わせは、6-3-1.4.5.7でした。

ここから2頭に絞り込みます。

1.〇4.〇5.妙味無し7.妙味無しです。

よって三連単の買い目は631.4となります。

合計6点で勝負です。

レース実況

2コーナーを過ぎてからワイドファラオが先頭に立ちます。

ルヴァンスレーヴが2番手、ケイティブレイブは中団でレースを進めます。

直線に入るとワイドファラオが加速し一気に後続を突き放します。

内からケイティブレイブ、外からサンライズノヴァが追いすがりますが、差は縮まりません。

結局、ワイドファラオが2馬身差をつけ逃げ切りでかしわ記念を制覇しました。

2着は内から伸びたケイティブレイブ、3着には最後アルクトスを競り落としたサンライズノヴァが入線しました。

馬連6,290円 三連複4,600という7頭立てとしては波乱の決着でした。

馬券は的中せず、このレースの回収率は0%です。

レース結果

レース結果は以下の通りです。

1着 1番ワイドファラオ
2着 4番ケイティブレイブ
3着 6番サンライズノヴァ

必ず主催者(NAR)発行のものと照合してください。

まとめ

ワイドファラオが地方の重い砂と短い直線で強さを発揮しました。

1400mからマイルくらいが丁度いいので、それ以上の距離では厳しいでしょう。

ただ地方統一G1では今後も有力馬の1頭です。

ルヴァンスレーブはいい所なく5着に敗れてしまいました。

復活には、まだまだ時間がかかりそうです。

この状態では、帝王賞(6/24)で本命には推せませんね。

個人的には拍子抜けするような結果でした。

なお馬券の購入は20歳以上からです。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。