2020年秋華賞の結果とレース回顧~デアリングタクトが史上初・無敗の牝馬3冠を達成。

2020年10月25日

今回は牝馬クラシックの3冠目・秋華賞を振り返ってみます。

秋華賞では2冠馬がいる場合、その馬を素直に軸馬にします。

なお馬券の購入は20歳以上からです。

created by Rinker
エンターブレイン
¥699 (2020/10/30 11:07:06時点 Amazon調べ-詳細)

ワイド・馬連の買い目

まず1.2.3番人気のワイドボックス馬券13.2.17を購入します。

軸は13.デアリングタクトです。

馬場・展開を問わない無敗の2冠馬です。

ぶっつけのG1挑戦ですが、気性が勝ったタイプなので連戦になるよりは、今回のような臨戦過程のほうがいいでしょう。

近年は外厩も充実しており、有力馬であれば長期休養明けのG1挑戦も問題ありません。

このレースは馬連1桁台が3点でした。

この場合は軸馬13.デアリングタクトから馬連10~25倍の組み合わせを選択します。

よって馬連の買い目は13-3.1.10.8となります。

馬連の本線は1310.クラヴァシュドール です。

崩れたのはオークスだけで、他のレースでは全て掲示板を確保しています。

サウジアラビアRCでは、毎日王冠を圧勝したサリオスの2着に来ています。

力は足りると考え対抗とします。

馬連の購入は、本線1点のみとします。

三連単の買い目

このレースでは、単勝オッズ30倍未満の頭数6頭でした。

単勝オッズ30倍未満が9頭以下の場合、馬連の本線から三連複100倍未満の組み合わせを選択します。

13-10からの流しで三連複100倍未満の組み合わせは、13-10-1.2.3.5.17でした。

ここから2点に絞ります。

1.底力?2.妙味なし3.底力?5.〇17.〇

よって三連単の買い目は13105.17となります。

合計6点で勝負です。

レース実況

スタート後マルターズディオサがハナに立ちます。

デアリングタクトは後方から5頭目、マジックキャッスル はその内でレースを進めます。

前半1000mの通過タイムは594いう平均ペースでした。

残り200mでデアリングタクトが前を捕え、楽に抜け出します。

その後はムチを入れず最後は流す余裕を見せ、秋華賞を制しました。

2着には内から伸びたマジックキャッスル、3着には最後方から追い込んだソフトフルートが入線しました。

馬連は2,670円 三連複は17,920円という結果でした。

馬券は的中せず、このレースの回収率は0%となります。

レース結果

レース結果は以下の通りです。

1着 13番デアリングタクト 2分00秒6
2着 12番マジックキャッスル
3着 8番ソフトフルート

必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。

まとめ

デアリングタクトが史上初の無敗での牝馬3冠を達成しました。

前半の2F目が10.8と厳しい流れになったため先行勢は全滅でした。

この厳しい流れを差し切ったデアリングタクトはさすがです。

残り400mまでは持ったまま、そこからは手綱をしごくだけで楽に抜け出して来ました。

ゴール後もすぐに息が入っていたので、エリザベス女王杯に出て来ても十分勝ち負けでしょう。

2着以下は展開や馬場によって、いくらでも順位は変わりそうです。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。