2019年ドバイターフのレースを振り返ります。

2019年5月6日

今回はアーモンドアイ号が出走するドバイターフに焦点を当ててみました。

データ的には、4・5歳馬が有利でリピーターが強いレースです。

牝馬にも十分チャンスがあります。

今回も資金的な問題から6点勝負です。

ワイド・馬連の買い目予想

まず単勝1・2・3番人気馬にワイドボックス馬券7.2.3を購入します。

軸は7番. アーモンドアイです。

1800mから2400mでは日本最強馬といっていいでしょう。

このレースは馬連1桁台が3点でした。

この場合、7絡みで馬連オッズ10~25倍の買い目を選択します。

よって今回の馬連の買い目は、7-13.8.1.12となります。

今回は6点勝負なので馬連はさらに1点に絞ります。

本線は7-8. アイキャンフライです。

アイルランドの名調教師オブライエン厩舎の所属馬でもあり、鞍上はR・ムーア、クイーンエリザベスⅡ世Sではクビ差2着の実績も評価しました。

三連単の買い目予想

単勝30倍未満の頭数が10頭以下の場合は、三連複100倍未満の組み合わせから三連単を選択します。

7-8からの流しで三連複100倍未満の組み合わせは、7-8-1.2.3.4.12.13でした。

ここから三連単2点に絞り込みます。

1.6才2.妙味なし3. 妙味なし4.6才12.〇13.〇です。

よって、三連単の買い目は、7→8→12.13となります。

合計6点で勝負です。

レース実況

センチュリードリームがハナに立ち馬群を引っ張ります。

アーモンドアイは中団の外側を追走します。

アーモンドアイをマークする形でヴィブロス、ロードグリッターズが続きます。

直線に入るとアーモンドアイが馬なりでポジションを上げて来ます。

残り200mの地点でルメール騎手がようやく追い出し、アーモンドアイが1馬身差の完勝でドバイターフを制覇しました。

2着には道中アーモンドアイをマークする形でレースを進めたヴィブロス、3着にも終始アーモンドアイの直後にいたロードグリッターズが入線しました。

馬連は、670円となり固い決着でした。

馬券は的中せずこのレースの回収率は0%です。

レース結果

レース結果は以下の通りです。

1着.7番アーモンドアイ
2着.4番ヴィブロス
3着.6番ロードグリッターズ
必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。

まとめ

アーモンドアイはこのレースで360万ドル(4億円弱)を獲得しました。

今後は、凱旋門賞を目標に調整されるようです。

ヨーロッパのコースは馬場が重く、勾配もありタフです。

しかし凱旋門賞は牝馬有利のレースです。

アーモンドアイをもってすれば、日本調教馬初の凱旋門賞制覇も夢ではないでしょう。

次回の参加予定レースは大阪杯です。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。