2019年宝塚記念の結果とレース回顧~リスグラシューが春のグランプリを制す。

2019年8月18日

今回は上半期のグランプリ、宝塚記念を振り返ります。

舞台は力の入る阪神競馬場です。

スピード、パワー、スタミナが要求されます。

また連覇するのが難しいレースです。

宝塚記念を連覇したのは、ゴールドシップのみです。

軸馬のデータは以下の通りです。

条件1.前走G1以外なら負けても0.1秒以内

条件2.G1連対歴有り

ワイド・馬連の買い目

まず1.2.3番人気のワイドボックス馬券1.2.12を購入します。

軸は2. レイデオロです。

データも当然クリアしています。

前走のドバイシーマクラシックでは、ハナに立つ展開となり道中力んで競馬になりませんでした。

相性のいいキセキを目標に競馬をすれば、勝ち負け必至でしょう。

ある程度力の入る阪神の馬場も同馬に向いています。

3歳時の神戸新聞杯では、2馬身差でキセキに完勝しています。

鞍上もC・ルメール騎手なので仕掛けるタイミングを間違えることはないでしょう。

このレースは馬連1桁台が2点でした。

このケースでは軸馬2. レイデオロから馬連10倍~25倍の組み合わせを選択します。

今回レイデオロから馬連10倍~25倍の組み合わせは2-12.3.4.11でした。

よって馬連の買い目は、2-12.3.4.11となります。

馬連の本線は2-11. スワーヴリチャードです。

ドバイシーマクラシックでは3着と好走しました。

右回りは不得意な同馬ですが、大阪杯は勝っています。

上位陣の力が接近しているだけにコース適性を重要視しました。

資金に余裕があるので2-4を1点厚めに購入します。

三連単の買い目

単勝オッズ30倍未満の頭数は8頭でした。

単勝オッズ30倍未満が9頭以下の場合、馬連の本線から三連複100倍未満の組み合わせを選択します。

2-11からの流しで三連複100倍未満の組み合わせは、2-11-1.3.4.7.12でした。

ここから2点に絞り込みます。

1.妙味なし3.気性?4.〇7.底力?12.〇

よって三連単の買い目は2→11→4.12となります。

資金に余裕があるので三連単2→11→4を1点厚めに購入します。

合計11点で勝負です。

レース実況

スタート後、予想通りキセキがハナを奪います。

外枠からかかり気味にリスグラシューが上がって行き2番手につけます。

スワーヴリチャードは4番手、レイデオロは6番手の内でレースを進めます。

前半1000mの通過タイムは60秒0という平均ペースでした。

直線に入ると、キセキにリスグラシューが襲い掛かります。

そのまま一気にリスグラシューがキセキを抜き去り、宝塚記念を制覇しました。

3馬身差の2着にキセキ、3着にはスワーヴリチャードが入線しました。

馬連は970円 三連複は2720円という結果でした。

ワイド1-12 340円が的中したので、このレースの回収率は30%となります。

レース結果

レース結果は以下の通りです。

1着 12番 リスグラシュー 2分10秒8
2着 1番 キセキ
3着 11番 スワーヴリチャード

必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。

まとめ

G1馬6頭が出走した宝塚記念を制覇したのは、紅一点のリスグラシューでした。

前半から前目につけたD.レーン騎手の好騎乗も光りましたね。

2着のキセキに3馬身差をつけての勝利なので、これはもう圧勝です。

父がハーツクライということもあり、まだまだ活躍しそうです。

本命のレイデオロですが内で包まれ苦しい競馬になってしまいました。

最後まで外に出せませんでしたね。

秋は、アーモンドアイが国内に専念します。

今回宝塚記念に参加した馬の中からアーモンドアイを破る馬が出て来るかどうか、たのしみです。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。