2019年帝王賞の結果とレース回顧~上半期のダート王はオメガパフュームに決定

2019年8月18日

今回は上半期のダートグランプリ、帝王賞を振り返ります。

大井の2000mはスピードだけではなく力が要求されます。

中央の軽い砂で走れているからといって、通用するわけではありません。

出走してくれば本命だったゴールドドリームや有力馬のルヴァンスレーヴが回避したため予想にも一工夫必要です。

軸馬のデータは以下の通りです。

JpnG1勝ちあり

ワイド・馬連の買い目

まず1.2.3番人気のワイドボックス馬券1.5.11を購入します。

軸は5. オメガパフュームです。

昨年の東京大賞典の覇者です。

大井の2000mで実績があるのは心強いですね

休み明けの平安Sでは、59kgの斤量を背負い3着に入線しました。

一度叩いて良くなっているはずです。

鞍上のD.レーン騎手も乗れているので期待です。

馬連は11-5.1を購入します。

この馬連の買い方は三連単を的中させるための布石です。

今回は馬連のタテ目を喰らった時に三連単が的中するという買い方をします。

三連単の買い目

三連単の買い目は5/1→5/1→11のフォーメーションです。

オメガパフュームの対抗は1.チュウワウィザードです。

前走の平安Sをきっちり勝ってからの参戦です。

2走前にはダイオライト記念(G2)を勝っており、地方の深い砂にも不安はありません。

頭まであると思ったので、1着2着はオメガパフュームとのフォーメーションにしてみました。

合計7点で勝負です。

レース実況

スタート後、シュテルングランツがハナに立ちます。

インティが2番手、チュウワウィザードは4番手、オメガパフュームは後方から2頭目でレースを進めます。

直線に入ると、インティにチュウワウィザードが迫ります。

チュウワウィザードが先頭に立ったところで、さらに大外からオメガパフュームが追い込みます。

最後は大外から差し切ったオメガパフュームが帝王賞を制覇しました。

2着にはチュウワウィザード、3着にはノンコノユメが入線しました。

馬連は410円 三連複は5800円という結果でした。

ワイド1-5 200円が的中したので、このレースの回収率は28%となります。

レース結果

レース結果は以下の通りです。

1着 5番オメガパフューム 2分4秒4
2着 1番 チュウワウィザード
3着 14番ノンコノユメ

必ず主催者(NAR)発行のものと照合してください。

まとめ

上半期のダートグランプリ帝王賞を制したのは、オメガパフュームでした。

ペースが速いとみて、後方2頭目からレースを進めたD.レーン騎手の好騎乗も光りましたね。

チュウワウィザードもよく頑張りました。

インティは案外でした。

やはり地方の深い砂は合わないようです。

距離もやや長いのでしょう。

帝王賞は4歳馬の1-2フィニィッシュでした。

ダート界は今後戦国時代に突入しそうです。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。