2019年秋華賞の結果とレース回顧~クロノジェネシスが牝馬3冠目を制す。

2019年10月14日

今年の3歳牝馬路線は混戦とみました。

よって今回はG1未勝利馬を軸にします。

京都競馬場は台風の影響もあり土曜日の競馬は不良馬場で行われました。

日曜は晴れですが雨の影響は残るはずです。

その点も頭に入れて予想しました。

ワイド・馬連の買い目

まず1.2.3番人気のワイドボックス馬券1.8.17を購入します。

軸は8.カレンブーケドールです。

新馬戦では、毎日王冠を制したダノンキングリーの頭差2着に来ています。

そう考えるとオークスの2着もフロックではありません。

このレースは馬連1桁台が0点でした。

この場合は軸馬8.カレンブーケドールから馬連30倍以上の組み合わせを選択します。

よって馬連の買い目813.16.15.7となります。

馬連の本線は8-7.ビーチサンバです。

秋華賞はローズS組の好走が目立ちます。

オークスでの大敗で人気を落としていましたが、他のG1では掲示板を確保していたため対抗としました。

三連単の買い目

単勝オッズ30倍未満の頭数10頭でした。

単勝オッズ30倍未満が10以上の場合、馬連の本線から三連複200付近の組み合わせを選択します。

8-7からの流しで三連複200倍付近の組み合わせは、8-7-11.14でした。

よって三連単の買い目は8711.14となります。

合計9点で勝負です。

レース実況

スタート後ビーチサンバがハナに立ちます。

クロノジェネシス、カレンブーケドールは馬群の中団、シゲルピンクダイヤは後方でレースを進めます。

前半1000mの通過タイムは583という稍重としては、かなり速いペースでした。

最後の直線でクロノジェネシスがビーチサンバを交わします。

カレンブーケドールも追いすがりますが、クロノジェネシスがさらに末脚を伸ばし1着でゴールインしました。

2着にはカレンブーケドール、3着には後方から追い込んだシゲルピンクダイヤが入線しました。

馬連は2,180円 三連複は15,170円という結果でした。

馬券は的中せず、このレースの回収率は0%となります。

レース結果

レース結果は以下の通りです。

1着 5番 クロノジェネシス 1分59秒9
2着 8番 カレンブーケドール
3着 14番 シゲルピンクダイヤ

必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。

まとめ

結果的には1着から3着までG1連対歴のある馬同士での決着となりました。

もうちょっと荒れるかなと予想しましたが実力通りに決まりましたね。

これも競馬です。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。