2020年川崎記念の結果とレース回顧~チュウワウィザードが人気に応える。

2020年2月23日

個人的には川崎記念が今年の初戦です。

まずは的中させたいですよね。

予想の中心になるのは近走、中央・地方のG1で好走している馬です。

ワイド・馬連の買い目

まず1.2.3番人気馬のワイドボックス馬券12.1.4を購入します。

軸は12.チュウワウィザードです。

近走成績を見ても抜群の安定感を誇ります。

明け5歳で充実期に入っています。

自信の本命です。

このレースはオッズ確認時、馬連1桁台が3点でした。

この場合は軸馬チュウワウィザードから馬連10~25倍のゾーンを狙います。

自分の軸から馬連10~25倍の買い目が3点以下の場合は、25倍超の買い目で最もオッズの低い組み合わせを選択します。

よって馬連の買い目は12–9.11.2.8となります。

馬連の本線は12-2.ミツバです。

昨年の川崎記念の覇者です。

チャンピオンズCは大敗しましたが、元々地方の深い砂が合っています。

チュウワウィザード以外の馬たちとはそれほど差がないと考え対抗にしました。

地方競馬は堅く収まる傾向が強いので馬連の購入は本線のみとします。

3連単の買い目

このレースにおける単勝オッズ30倍未満の頭数は8頭でした。

単勝オッズ30倍未満が10頭未満の場合、馬連の本線から三連複100倍未満の組み合わせを選択します。

12-2からの流しで三連複100倍未満の組み合わせは、12-2-1.3.4.8.9.11でした。

ここから2点に絞ります。

1.妙味無し3.〇4.妙味無し8.底力不足9.底力不足11.〇です。

よって三連単の買い目は12→2→3.11となります。

合計6点で勝負です。

レース実況

スタート後、ケイティブレイブが先頭に立ち馬群を引っ張ります。

チュウワウィザードは好位の3番手で折り合います。

直線に入るとチュウワウィザードが先頭に立ち後続を突き放します。

結局6馬身の大差をつけチュウワウィザードが川崎記念を制しました。

2着には7番人気のヒカリオーソ、3着には人気の一角、デルマルーヴルが入りました。

馬連は2,350円 三連複は2,800円という結果でした。

ワイド4-12が的中したので、このレースの回収率は38%となります。

レース結果

レース結果は以下の通りです。

1着 12番  チュウワウィザード 2分14秒1
2着 9番 ヒカリオーソ
3着 4番 デルマルーヴル

必ず主催者発行のものと照合してください。

まとめ

チュウワウィザードが川崎記念を圧倒的な着差で勝利しました。

ただ川崎記念とフェブラリーSの相性は良くありません。

このあたりが悩ましいところです。

とはいえ今回の圧勝でチュウワウィザードと今回のレースに参加した他馬との勝負付けは終わったと考えていいでしょう。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。