2020年中山GJ(グランドジャンプ)の結果とレース回顧~オジュウチョウサンが中山GJ5連覇の偉業を達成。

2020年4月19日

このレースの目玉はなんといってもオジュウチョウサンでしょう。

明日行われる皐月賞よりも今回の中山グランドジャンプに注目している人も多いはずです。

オジュウチョウサンが中山グランドジャンプ5連覇・G1 7勝目の偉業を達成できるか注目です。

ワイド・馬連の買い目予想

まず1.2.3番人気のワイドボックス馬券6.1.11を購入します。

軸は当然6. オジュウチョウサンです。

9歳馬ですが、前走は残り200mで後続を9馬身ちぎりました。

衰えは全くないと考え本命とします。

このレースは馬連1桁台が3点でした。

馬連1桁が3点のケースでは、自分の軸から馬連10倍から25倍のゾーンを狙います。

自分の軸から馬連10倍から25倍の買い目が3点以下の場合は、25倍超の買い目で最もオッズの低い組み合わせを選択します。

よって馬連の買い目は、6-5.7.8.3となります。

対抗は7.シンキングダンサーです。

G1でも常に好走する堅実派です。

資金的な問題から馬連の購入は6-7の1点のみとします。

三連単の買い目予想

このレースにおける単勝オッズ30倍未満の頭数は4頭でした。

単勝30倍未満の頭数が9頭以下の場合は、三連複100倍未満の組み合わせから三連単を選択します。

6-7からの流しで三連複100倍未満の組み合わせは、6-7-1.3.5.8.11でした。

ここから三連単2点に絞り込みます。

1.妙味なし3.〇5.妙味なし8.〇11.妙味なし、です。

よって、三連単の買い目は、673.8となります。

合計6点で勝負です。

レース実況

まずメドウラークがレースを引っ張ります。

オジュウチョウサンは2番手で折り合います。

メイショウダッサイはオジュウチョウサンをマークする形でレースを進めます。

残り800mでオジュウチョウサンがメドウラークを交わし先頭に立ちます。

最終障害を飛越後、メイショウダッサイがオジュウチョウサンとの差を縮めようとしますが、その差は詰まりません。

結局オジュウチョウサンがメイショウダッサイに3馬身差をつけ中山グランドジャンプを制しました。

2着には最後まで勝ち馬に食い下がったメイショウダッサイ、3着には先行勢で踏ん張ったブライトクォーツが入線しました。

馬連は460円 三連複は1,470円という結果でした。

ワイド馬券611 220円が的中したので、このレースの回収率は37%となります。

レース結果

レース結果は以下の通りです。

1着6番 オジュウチョウサン 5分2秒9
2着11番 メイショウダッサイ
3着5番  ブライトクォーツ

必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。

まとめ

オジュウチョウサンが史上初の中山GJ5連覇を達成しました。

5分2秒9の不良馬場の長丁場をクリアした事にも意味があります。

今日の走りを見ると、オジュウチョウサンの時代はまだまだ続きそうです。

3馬身差に食い下がったメイショウダッサイも大したものです。

なお2019年のJRA最優秀障害馬シングンマイケルが最終障害を飛越後、落馬骨折し予後不良となってしまいました。

同馬の冥福を祈ります。

競走馬が命懸けで走っている証明です。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。