特別定額給付金を早く受け取る方法。

早く受け取るコツは、シンプルですが不備のない書類を作成することです。

申請書にミスがあり、不備連絡に回されると相当な時間をロスします。

丁寧に記載するようにしましょう。

特別定額給付金申請書を書いて提出した感想

申請書は必要最小限の記入で済むようによく工夫されていました。

自著であれば、印鑑も不要でした。

世帯の住所や世帯住人の名前も印字されており、短時間で済むような形式でした。

記入時に気を付けるべき点

まず熱で消えるペンや鉛筆の使用は禁止です。

□希望する、□不要の欄はきちんと記載しましょう。

当然給付を希望する場合は、□希望するにチェックを入れます。

また記載した口座と銀行通帳のコピーは揃えましょう。

振込先にA銀行を記載したのに、B銀行の通帳のコピーを添付すれば、当然不備になります。

住所の証明書類も同様です。

住所の証明書類はマイナンバーカードのコピーを添付しました。

まとめ

申請書提出後、4週間程度で給付金を受け取りました。

申請書の記入ルールは全国一律ではなく、自治体によって異なります。

参考程度にしてください。

不備のない書類を提出すればそれだけ早く給付金を受給できます。

給付金については、年のインフレ率が2%になるまで継続的に配布してもいいと思います。

マイナンバーと一つの銀行口座をヒモつけておけば給付のスピードも上がります。

逆に年のインフレ率がマイナスとなると恐慌のリスクが高くなります。

そうならないように祈るのみですね。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。