自宅でできる吉野家風牛丼の作り方

2020年9月5日

たまに吉野家の牛丼を無性に食べたくなる時があります。

ただ自宅の近くに吉野家がないんですよね。

そんな時、自宅でサッと作れる吉野家風牛丼の作り方を紹介します。

吉野家風牛丼を作ってみよう

材料は以下の通りです(一人分)

・米200g
・牛バラ肉薄切り100g
・たまねぎ2分の1個
・紅ショウガ
調味料
・めんつゆ40cc
・水40cc
・赤ワイン 大さじ1(15cc)
・みりん 大さじ1(15cc)
・粉末ダシ(かつおだし・いりこだしのようなもの) 小さじ2分の1(1g程度)

お肉はアメリカ産の牛肉肩ロース切落としです。

アメリカ産牛肉

調味料を入れて煮立てる

調味料を鍋に入れ沸騰させます。

その後中火にし、くし切りにした玉ねぎを入れ5分程度煮込みます。

たまねぎ

鍋と玉ねぎ

次に牛肉を入れ、固まらないようにほぐしながら5分から10分程度煮込んで出来上がりです。

つゆがほとんどなくなるまで煮込むのがコツです。

鍋と肉

丼に持って出来上がり。

米200gを入れた丼に具を盛り付け、紅ショウガを加えれば出来上がりです。

吉野屋

お好みに合わせて、お新香とか加えてもいいでしょう。

まとめ

本家吉野家の牛丼は、ちょっと酸味があります。

あの酸味を出すために今回は赤ワインを加えてみました。

ただ自分で食べてみて、それなりにおいしい牛丼ができたかなと思います。

赤ワインを入れているので、食後に自動車の運転はしないほうがいいでしょう。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。