auのガラケーからガラホ(グラティーナ4G)へ機種変更しました。

2019年5月28日

先日auのGRATINA(グラティーナ)4G KYF37に機種変更しました。

機種交換割を使用し、実質負担ゼロ円で購入しました。

今回の料金プランは、以下の通りです。

・基本料金プラン1200円
・インターネット接続サービス 300円
・ダブル定額Z 0~4,200円
・故障紛失サポート 380円

データ通信量をゼロだとすると、税込で2,030円になります。

GRATINA(グラティーナ)4G KYF37は、防水・防塵・耐衝撃機能を備えているので、いずれ故障紛失サポートは外す予定です。

そうするとこのプランの最低維持費は、1,620円になります。

ある程度許容できる範囲内ですね。

GRATINA 4Gを使ってみた感想

GRATINA 3Gと比較すると飛躍的に進歩しています。

今回購入して感じた点をいくつか上げていきましょう。

データ使用量を制限できる

センターキー(下図:オレンジの枠で囲んだ部分)を押して、[設定]→[無線ネットワーク]→[データ使用量]と進み、モバイルデータのチェックを外すと、ネットの使用を制限できます。

センターキー

ブラウザを立ち上げても、アクセス不可のメッセージが出ます。

グラティーナ4G

またこの設定ををしているとEメールが受け取れません。

Eメールを受け取りたい時は、データー制限を解除し(モバイルデータにチェックを入れ)メールボタンを押し、新着確認を押してください。

グラティーナ4G

サーバーに保存してあるメールを受信できます。

なおSMSはデーター制限していても受信できました。

ワンセグでTV視聴もできる

3Gと比べると画面が広くなったように感じます。

よって見やすいです。

画質は普通です。

TVのような鮮明さはありません。

また録画機能はついていません。

センターキーを押して、[ツール]→[TV]と進むと視聴できます。

電気の持ちがいい

圧倒的に改善した点が電気の持ちですね。

多分1週間に1回から2回程度充電すれば、十分でしょう。

電気の持ち時間は、センターキーを押して、[設定]→[エコ・電池]→[エコモード]で確認できます。

私は、自動ON(時間帯)を選択しています。

電気持ち

意外と使える歩数計

歩数計はセンターキーを押して、[ツール]→[歩数計]で確認できます。

これは50分程周囲を散歩した時の結果です。

歩数計

5403歩で170kcal消費しました。

歩いただけですが、結構カロリーを消費していました。

GRATINA 4Gのデメリット

普通にネットを閲覧してしまうと、すぐに料金上限である137.2MBに到達します。

どんなに使用しても4,200円以上はかからないのですが、ガラホで常時WEBを見るのはつらいです。

私の場合、出先でどうしても競馬の結果やFXのレートを確認したい時に使う程度でしょうか。

データ通信がメインの人はやはりスマホを購入したほうがいいでしょう。

まとめ

GRATINA 4G KYF37は、GRATINA 3Gと比較して格段の進歩を遂げています。

auの場合、3G回線の利用は2022年3月末で終了です。

3G移動機の割引期間が終了したら、ガラホやスマホに機種変更したほうがおすすめです。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。