白ワインを使い自宅で吉野家風豚丼を作るレシピ。

2020年1月27日

今回は自宅でできる吉野家風豚丼というテーマで記事を書いてみました。

吉野家の豚丼の隠し味は「白ワイン」ではないのか?

吉野家の牛丼や豚丼には適度な酸味があります。

あの酸味は白ワインではないのかと考えてみました。

自分勝手な妄想です。

今回使用した白ワインです。

created by Rinker
酸化防止剤無添加のおいしいワイン
¥220 (2020/04/09 02:32:24時点 Amazon調べ-詳細)

レシピは以下のとおりです。

・米200g
・細切れ豚肉100g
・たまねぎ2分の1個
・紅ショウガ

調味料
・めんつゆ40cc
・水40cc
・白ワイン 大さじ1(15cc)
・みりん 大さじ1(15cc)
・粉末ダシ(かつおだし・いりこだしのようなもの) 小さじ2分の1(1g程度)

お肉はアメリカ産の細切れ豚肉です。

豚丼

調味料を入れて煮立てる

材料はあらかじめ用意しておきます。

たまねぎはくし切りにしておきます。

たまねぎ

調味料を鍋に入れ沸騰させます。

その後弱火にし、くし切りにした玉ねぎを入れ5分程度煮込みます。

 

鍋とたまねぎ

次に豚肉を入れ、固まらないようにほぐしながら5分程度煮込んで出来上がりです。

肉とたまねぎ

つゆだくが好きな人は、水を多めに足してください。

丼に持って出来上がり。

米200gを入れた丼に具を盛り付け、紅ショウガを加えれば出来上がりです。

お好みに合わせて、お新香とか加えてもいいでしょう。

豚丼

まとめ

食べた感想は「結構イケる。」でした。

いい具合の酸味もあります。

今度は牛丼で試してみたいと思います。

白ワインのかわりに赤ワインも使ってみようかなと考えています。

豚丼をおいしく食べるコツは、アツアツの時に食べることです。

特に豚肉の場合、冷めたら肉が固くなりおいしくありません。

家で作る豚丼なら超特盛もつゆだくも自由自在です。

ただ特盛しすぎると糖質が多くなり、中性脂肪が増えてしまいます。

たまに食べる自分へのご褒美にしておくほうが良さそうです。

ワインを入れているので、食後に自動車の運転はしないほうがいいでしょう。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。