シューズの悪臭を防ぐための、靴箱の消臭法を紹介します。

靴箱から漂ってくる悪臭は、マスキングするだけでは限界があります。

今回は、消臭芳香剤を使用した靴箱の消臭法を紹介します。

臭いシューズがないか調べる

靴箱に臭いシューズがあると周囲のシューズを汚染してしまいます。

ウソのような話ですがホントです。

よって、臭いシューズがあれば、以前の記事で紹介したシューズの洗濯方法を試してください。

消臭芳香剤を靴箱の中に入れる。

今回、靴箱の消臭に使用したのが、「お部屋の消臭力 玄関・リビング用 うっとりローズアロマの香り 400ml」です。

香りや消臭効果は通常約2~3ヶ月持続します。

夏は気温が高いので減りも速いです。

逆に冬は結構長持ちします。

消臭芳香剤の名の通り、消臭しながらいい匂いを放ちます。

ナノレベルの孔をもつナノパウダーを配合し、その穴に硫化水素やアンモニアなど嫌な臭いの元となる成分を吸収することで消臭します。

また、悪臭を香りの一部分として取り込み、さらにいい匂いに変えてしまうペアリング消臭という消臭法を採用しています。

マスキング法のような強い香りで悪臭を打ち消す方法ではないので、部屋中が芳香剤の匂いでプンプンするということはありません。

消臭力の効果は?

最初の2.3日間は芳香剤の匂いが、部屋中に充満しました。

しかし、それ以後は芳香剤の匂いはほとんどしなくなりました。

もちろん消臭力の近くに鼻を近づけると、芳香剤の匂いがします。

靴の場合、臭いがきついものを消臭力の近くに、そうでないものを遠くに置いておくとうまく消臭できます。

うちは、2DKの間取りなんですが、消臭力1個で家全体を消臭してくれます。

台所の配管から臭ってくるドブ臭とか、部屋のモアッとしたにおいがほとんどしなくなりました。

消臭力を置いて置くと、魚を焼いた後のニオイやビールのすえたニオイ、たばこのニオイなど臭いの継続する時間が短くなります。

以前は、そういう色々なニオイがただよっている中で生活していました。

今はいい香りというか無臭の中で生活しています。

消臭力の効果おそるべしです。

玄関に1個置くだけでこの効果はすごいと思います。

匂いが靴についてしまう時はどうすればいい?

消臭芳香剤の名のとおり、靴に芳香剤の匂いがつくことがあります。

いい匂いなのでかまわないのですが、その匂いが出勤先の靴箱で他人の靴についてしまうと困りものです。

よって、匂いがついたものは、消臭芳香剤から遠ざけるようにしています。

もしくは、消臭芳香剤を靴箱の隅に置く、靴箱から出して玄関に置くという方法でもいいでしょう。

ただ、芳香剤の香りは、靴を履いている間に散っていきます。

それほど、神経質になる必要はないでしょう。

まとめ

結論から言えば、消臭芳香剤恐るべしです。

やはりケミカルの力はすごいです。

消臭力(リキ)を今まで知らなかった自分を恥じています。

やっぱり無臭空間の中で生活できるのは気持ちがいいです。

今回はローズアロマを購入しましたが、今後はラベンダーやグレープフルーツの香りも試してみたいです。

玄関に入った時、靴箱から良い香りがすればいい気分になります。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。