段ボールをカッターを使用せず簡単に処理する方法

2019年11月19日

段ボールを処理するときカッターは使いません。

水で濡らして、しばらくしたら手で破いて燃えるゴミとして出しています。

労力もかからず時短にもなるのでオススメです。

段ボールにシャワーを浴びせる。

まずお風呂場に行き床に段ボールを置きます。

そしてシャワーで1分間程度まんべんなく水を浴びせます。

30分後水でしわしわになった段ボールを手でやぶきます。

後は燃えるゴミとして捨てるだけです。

段ボールは水はけもよくすぐに乾燥します。

ほとんどの段ボールは水で濡れるとクシャクシャになる。

この方法を考え出したのは、コンビニにAmazonの荷物を取りに行った時です。

注文していた商品は「プロキシソフト(ソートン) 3in1フロス 100本入り」です。

created by Rinker
プロキシソフト
¥999 (2020/10/01 13:41:42時点 Amazon調べ-詳細)

家に帰る途中、雨に降られ荷物の入った段ボールが紙のようになりました。

カッターで切ろうとしても、水に塗れているので刃が通りません。

試しに手で破いてみると、あっさり普通の紙のように段ボール箱を解体できました。

まとめ

段ボールを水で濡らして処理するという方法を編み出し、いちいちカッターで切ってからゴミを出すという作業から解放されました。

カッターの刃も節約できますしケガのリスクも減らせます。

かさばらないのもメリットです。

心理的な負担も減るので一石二鳥ですね。

今は段ボールを見るとうきうきします。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。