ギャツビー(GATSBY) さらさらデオドラントボディペーパークールシトラスを購入し使ってみた感想。

仕事から疲れて帰って来ると、お風呂に入るのが面倒な時があります。

なんかサッと体を拭けるものがないかなと探していたわけです。

そこで見つけたのが、「ギャツビー(GATSBY) さらさらデオドラントボディペーパークールシトラス」です。

今回はGATSBY(ギャツビー)のボディペーパーの紹介です。

最近風呂に入るのが面倒になってきた。

最近、消費税増税の影響でガス代、水道料金が負担になって来ました。

また冬場なので、休みの日などはお風呂に入る必要性をあまり感じませんでした。

そこで考えたのがボディペーパーを使う方法です。

顔はアルコールティッシュで拭いています。

首から下の部分はボディペーパーを使います。

陰部や足など汚れやすい部分はアルコールティッシュとボディペーパーの併用です。

これで大体きれいになります。

一回使ったボディペーパーは、その日にまた使う場合もあるのでジップロックに入れて保管しておきます。

ボディペーパー

次の日は当然新しい物を使用します。

何日間くらい風呂無しに耐えられるのか。

私の場合2日間が限界でした。

3日目になると何となく体から異臭がします。

同時にお風呂が恋しくなります。

そのタイミングでお風呂に入るようにしています。

冬は冷えに注意。

クールタイプは、かなり冷えが来ます。

特に「氷冷」タイプは冬に使うと、寒気が朝まで続きます。

冷え性の人は、冬に氷冷タイプの使用は避けるべきです。

冷感成分0%の「ギャツビーマイルドボディペーパーアクアフルーティ」のような商品を選ぶべきでしょう。

まとめ

よくシートに湿感がなく、サラサラしすぎてきいるとのレビューがあります。

家で保管する場合は、シールの貼ってある方を下にしておきましょう。

水分は下方向に行くので、それなりに湿ったタオルを使用できます。

シール部分はきっちり密封されているので、水が漏れたことはありません。

休みの日はなるべくボディペーパーで済ますようにしています。

一月のガス代は1500円程度安くなり、2ヶ月1回請求される水道代も3000円程安くなりました。

ボディペーパー恐るべしです。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。