日常生活でプチチートする方法

2020年1月13日

チートというのは、革命的手法によってゲームを容易、もしくはルールを無効にしてしまう行為を言います。

マルチタスクを心がける。

同時に複数のことをできればチートできる可能性があります。

家事であれば洗濯機を回しながら料理をし、さらに片づけもできれば、はかどります。

いわゆるマルチタスクです。

物事が進まず、イライラした時は同時平行で作業ができないか考えてください。

これは仕事でも同じです。

企業ではPDCAを改善するとチートできる可能性が高くなる

会社や組織はPDCAのサイクルで動いています。

もし、Planの段階でCAを回せれば企業はチートできる可能性があります。

なぜならDoの段階で資源を使う必要がないからです。

そのためには、優秀なシミュレーターが必要です。

エクセルのゴールシークやシナリオを使っても、それなりのシミュレートができます。

まとめ

伝統的日本人は、「準備、実行、後片づけ」や「PDCA」を順番通りに実行することを好みます。

しかし準備やPlanの段階で、二歩先の事を同時にできればチートできる可能性が出て来ます。

そうすれば、日常生活でも仕事でも少ないインプットで大きなアウトプットを出せるかもしれません。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。