お盆参りのできない人が、ネットでお盆参りをする方法

お盆に帰省されなかった人もいるでしょう。

私は無神論者ですが、やはりお盆にお墓参りしないと罪の意識みたいなものを感じます。

今回はネットでお盆参りする方法を紹介します。

グーグルでお墓参りをする。

私は、山奥の寒村の生まれです。

地方の村の過疎化はすさまじいものがあります。

現在は公共バスすら通っていません。

仕事との兼ね合いもあり、最近はネットを使いお墓参りをするようにしています。

Googleのストリートビューは使える。

驚くべきことにそんな山奥の寒村ですらGoogleMAPはカバーしています。

Googleのストリートビューを使用し、村内を散策すると懐かしい気持ちがします。

以前の通学路も昔とは風景が違っています。

道の脇には、以前にはなかった建物ができていたりします。

いくらGoogleでも墓場まではカバーしていません。

墓場の下の公道まで行き、墓の方向を向いて般若心経のマントラを唱えました。

ご先祖様、こんな罰当たりな私をお許しください。

created by Rinker
¥1,080 (2019/08/25 14:58:34時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

故郷に帰るかどうかは別にして、近況はネットでチェックしておくべきでしょう。

何年も帰っていないと風景が一変している可能性もあります。

Googleのストリートビューで散策する分には、お金もかかりませんし、天候にも左右されません。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。