メダカ水槽から物凄いアンモニア臭がした時の対処法

2020年3月3日

4月からダルマメダカ4匹の飼育を開始しましたが、現在ダルマメダカ隊は全て星になってしまいました。

その後新しいメダカを仕入れましたが、次々星になる始末・・・。

悩んだ末ジェックス おさかな飼育コンパクトを導入しましたが、その後水槽から物凄いアンモニア臭がしてヒメダカが1匹星になりました。

今回はその時行った対処法を紹介します。

現在飼育しているメダカ

グッピー1匹、青メダカ1匹の混泳水槽です。

グッピーと青メダカの混泳はどうかな思ったのですが、うまくいっています。

どちらも温和な魚種なので混泳が可能なのでしょう。

現在の飼育環境

現在メダカの飼育環境は以下の通りです。

SACHI ガラス丸型水槽大アクアリウム(22cm)
・ロカボーイコンパクト(ろ過材抜き・砂利交換)
・アナカリス1本
・大砂利(底に3分の1)

とりあえず記事執筆時点では安定しています。

created by Rinker
グラスリウム
¥418 (2020/04/08 13:03:01時点 Amazon調べ-詳細)

アンモニア臭の原因はろ過材だった。

調べてみるとアンモニア臭の根源はろ過材でした。

淡水魚は体表から水分を吸収し大量の尿として排出します。

その尿のアンモニアがろ過材に吸着していました。

メダカの尿の臭いは強烈です。

猫のオシッコみないな臭いがします。

石鹸で洗っても、半日程度は臭いが指先から取れません。

とりあえずろ過材をろ過器から取り外しました。

 ロカボーイコンパクトをチューンしてみた。

ろ過材を取り除いた後、ろ過器の底の砂利も大砂利に交換しました。

ロカボーイ

 プラストンはそのまま使用します。

 プラストンの取り外しはニッパーで行っています。

この構造で人力ろ過を怠るとプラストンがすぐ目づまりするので注意が必要です。

ろ過器を動かす前には、フンや餌の食べ残しをこまめに掃除するようにしましょう。

ロカボーイコンパクトをチューンした結果クリスタルボーイになってしまいました。

クリスタルボーイ

もちろんロカボーイのこの使い方は邪道です。

あくまで自己責任でお願いします。

ロカボーイは朝・夕それぞれ5分間程度動かしています。

あまりロカボーイを動かすと室内の湿度がかなり高くなり不快になります。

空気を水中に溶かすというよりは、水槽内を攪拌(かくはん)し酸素を水槽内に行きわたらせる役割を期待しています。

実際にこの程度の稼働時間でもメダカやモーリーは元気です。

ロカボーイは1週間に一度お風呂に入った時、プラスティック製の容器に入れお湯で洗っています。

プラストンは失くしやすいので注意しましょう。

なおベタ水槽には、ロカボーイを設置していません。

ろ過機能が必要ない人は最初からエアーポンプを購入して使用してもいいでしょう。

餌の量を減らしてみた。

そもそもアンモニアの発生源は餌ですから量を減らしてみました。

1日1回耳かき1杯分を与えています。

餌は「キョーリン メダカ(タナゴ・フナ)のエサ 50g」です。

ろ過材を撤去し、餌を減らした事でメダカは元気です。

個体数を減らしてみた。

以前は5L水槽で4匹メダカを飼育していたのですが、現在は2匹まで生体を減らしています。

一匹あたりの水量は約2.5Lです。

屋内水槽では、夏場一匹あたりこれくらいの水量がないと水質が悪化します。

現在メダカ水槽はグッピー1匹と青メダカ1匹の混泳水槽となっています。

コンディショナーを導入した。

現在、水質維持のため「ジクラ(Zicra)ジクラウォーターベニッシモメダカ用500ml」を購入し使用しています。

ジクラウォーターを使い始めて、グッピー、メダカ、モーリーともに元気です。

特に水質に敏感な青メダカが元気なので効果はあると感じています。

換水用ボトル1Lに対し2mlを加えて使用しています。

小型水槽なので、量を使わずコスパもいいですね。

created by Rinker
ジクラ (Zicra)
¥1,300 (2020/04/07 21:08:21時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

今回実施したアンモニア対策をまとめておきます。

・ロカボーイコンパクトのろ過材を取り除いた。
・餌の量を減らしてみた。
・個体数を減らして、コンディショナーを導入してみた。

本来アンモニアは亜硝酸菌によって分解されるものですが、小型水槽ではなかなかうまくいかないようです。

むしろ、ろ過材にアンモニアが吸着してしまい逆効果になってしまいました。

現在は水替えによりアンモニアを水槽内から取り除くようにしています。

水槽内の亜硝酸菌や硝酸菌が増えてくれば、換水の量も少なくなってくるでしょう。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。