メダカ・グッピー、モーリー水槽の水換え。

現在モーリー水槽1個、メダカ・グッピー混泳水槽1個を運営しています。

今回は普段やっているメダカ・グッピー、モーリー水槽の水換え風景を紹介します。

created by Rinker
(株)オカザキ
¥500 (2020/03/30 09:42:59時点 Amazon調べ-詳細)

メダカ・グッピー、モーリー水槽の水換えの水替え

メダカ・グッピー、モーリー水槽の水換えの水替え風景です。

まずポンプを水槽の中に入れ、汚物とともに水を吸い上げます。

ポンプ

次にペコらくボトルの上部をカットした容器に水を排出します。

よくアクエリアスを買うので、飲み終わった後のペコらくボトルを使用しています。

ボトル

モーリー水槽の水換えはこれを繰り返すだけです。

大体1回につきコップ1杯分(200ml程度)を交換します。

水替えにかかる時間は水槽1個で1分程度です。

水替えが終わったら、換水用の水を足しておきましょう。

換水は1日に1回行っています。

水替えに使っているミニ灯油ポンプ

スポイト代わりにミニ灯油ポンプを使用しています。

理由は以下の通りです。

・吸水量が強い。
・ゴミをピンポイントで取ることができる。
・価格が安い。

ミニ灯油ポンプは、アクアリウム用のスポイトと比較すると吸水量は桁違いです。

よって水替えも、短時間で終了します。

またミニ灯油ポンプなので食べ残しの餌やフンなどを発見した時は、ピンポイントで除去できます。

価格も安価で百均やホームセンターで販売しています。

ホームセンターで購入すると250円程度します。

灯油ポンプ

ミニ灯油ポンプのデメリットは1点のみで、意外に入手が困難なことです。

最低2本は用意しておいたほうがいいでしょう。

ポンプが破損したからといって、百均やホームセンターを回っても、在庫がないことがほとんどです。

幸運にも百均で見つけた時は、2~3本購入してストックしておくといいでしょう。

ミニ灯油ポンプのメンテナンス

それなりに長く使用していると、吸い上げた餌の残りやフンが、ポンプ内にたまることがあります。

そんな時は、お湯を吸い上げてシェイクしてください。

そうすると、ポンプの内部がかなりきれいになります。

熱湯でやってしまうと、やけどやポンプ破損の危険があります。

必ず40~50℃程度のぬるめのお湯で洗ってください。

それでも熱い場合があるので、手袋やタオルではさんでシェイクするのが安全です。

汚れがひどい時は、新品のものと交換してもいいでしょう。

灯油ポンプ

まとめ

小型水槽で、ミニ灯油ポンプはあると大変便利なツールです。

換水の悩みをかなり改善してくれます。

スポイトで吸水力不足に悩んでいる方にとってはオススメです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。