オレンジライヤーモーリーをお迎えしました。

2019年11月19日

先日プラカットを亡くしてしまいました。

プラカット用にそろえた機材が空いてしまったわけです。

そこでお迎えしたのがオレンジライヤーモーリーです。

税抜で1匹200円でした。

モーリー

モーリーとは?

モーリーはメキシコに分布する熱帯魚で卵胎生メダカの一種です。

卵を胎内で孵化させてから子供を産みます。

雑食性で何でも食べます。

飼育可能温度は18℃から28℃です。

冬は加温が必要です。

現在の飼育環境

SACHIガラス製鉢アクアリウム(24cm)
ジェックス お魚飼育セットS (ろ過材抜き、砂利交換)
・大砂利(3個程度)
・アナカリス2本

プラカットの飼育に使っていたものを流用しています。

モーリーは遊泳力が高く水槽内を泳ぎ回ります。

水中の酸素不足を補うためロカボーイSを入れています。

ろ過材を抜き砂利も大砂利に交換したものです。

興味のある方は、「ロカボーイコンパクトをろ過材なしの小型水槽用にチューンしてみました。」をご覧ください。

水替え方法

朝・夕エアレーションを動かす前にフンや餌の残りをスポイトで掃除します。

また2日に1回コップ1杯分(300ml~400ml)を換水します。

冬は加温して換水します。

餌やりの間隔

餌はひかりベタを朝2粒、夕方に「キョーリン メダカ(タナゴ・フナ)のエサ50g」を耳かき1杯分与えています。

普通はテトラミンを与えるようです。

created by Rinker
テトラ (Tetra)
¥443 (2020/04/09 07:06:00時点 Amazon調べ-詳細)

モーリーは基本ベジタリアンなので、一度乾燥赤虫を与えたのですが食べませんでした。

現状はひかりベタとメダカのエサで元気なので、このままで育てていきます。

エアレーションの使い方

エアレーションはフンの掃除をした後、朝5分・夕5分程度動かします。

1匹につき7Lの水量を確保しているのでこの程度の稼働時間でもモーリーが酸欠になることはありません。

稼働はスイッチ方式にしています。

電源タップ

いちいちコンセントを抜く必要がないので便利です。

エアポンプのコードが短いので1mの延長コードを使い接続しています。

ろ過機能が必要ない人は最初からエアーポンプを購入して使用してもいいでしょう。

まとめ

お迎えして1ヶ月経ちますが個体は元気です。

モーリーは遊泳力があるので観賞魚としての魅力があります。

これはベタやメダカにはないポイントです。

最初は警戒しますが餌付けすると非常に人に慣れます。

水面に指をかざすと近寄ってきます。

また丈夫な魚でもあり手がかかりません。

最近モーリーが人気なのも理解できます。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。