ベタを落とした時のメンタル管理法。

2021年5月18日

今まで飼育した魚の丈夫さを等式で表すと以下のようになります。

マーブルグラミー>モーリー・グッピー・プラティ(卵胎生メダカ)>メダカ>ベタ

マーブルグラミーを卵胎生メダカより上に持って来たのは、酸欠の心配がないからです。

一般的に改良種ほど生命力は弱くなります。

逆に雑種の方が、賢く生命力が強いです。

マーブルグラミーや卵胎生メダカを飼育してみると、ベタのひ弱さが身に染みてわかります。

今回は、ベタを落とした時のメンタル管理法について考えてみたいと思います。

created by Rinker
ジェックス
¥559 (2021/08/05 16:46:54時点 Amazon調べ-詳細)

半年から1年飼育できればよい。

自然界のベタの寿命は半年程度です。

繁殖や産卵を終えると体力を消耗し、天敵であるキノボリウオに捕食され、その一生を終えます。

少なくとも購入後、半年間飼育できれば誕生後1年生きた事になり、自然界のベタよりは長生きできた事になります。

お迎えして半年以上飼育できれば、成功と言って良いのではないでしょうか。

ベタ

飽きが来ないベタ飼育。

グラミーや卵胎生メダカ(モーリー・グッピー・プラティ)・メダカの飼育はある程度、経験を積めば目処が立ってきます。

しかしベタだけは、試行錯誤が続きます。

そこがベタ飼育の面白い所です。

ある個体では正解だった飼育法が、別の個体では合わなかったりします。

よって飼っていても飽きが来ません。

そういう点が、多くのアクアリストからベタが愛される理由だと思います。

PDCAを回す。

P(計画)→D(実行)→C(検証)→A(調整)です。

色々試して、自分なりの飼育法を確立していきましょう。

やはり、お迎えして1ヶ月以内に星になるケースを何度も繰り返すと、心が折れます。

逆に、半年から1年飼育できる方法を見つける事ができれば、ベタ飼育を続けていけます。

ベタは何と言っても個性的ですし、見ていても面白いですからね。

次のベタを仕入れておく。

ベタが亡くなりそうな時は、ほぼ98%位の確率で予測できます。

そんな時は、次のベタを購入しておくのも手です。

きちんとした予備の飼育施設があることが条件ですが、ベタが星になった時の精神的ダメージを緩和できます。

まとめ

ベタは形相を維持するため近親交配が行われます。

しかし、近親交配を重ねると質料は弱くなります。

ブリーダーも、ワイルドベタのメスにトラベタのオスを交配し雑種強勢をはかる、という配合を試みて欲しいものです。

安易な近親交配は形相の固定化には有効ですが、奇形の個体が出やすくなります。

よって個人的には、プラカットやジャイアントベタ、高価な改良メダカには手を出しにくいです。

雑種強勢により強い個体が生まれれば、購入後2年程度生きるベタも出て来るはずです。

形相は先祖返りしますが、アウトブリードにより丈夫な個体が生まれて来る可能性が高いです。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。