2020年チャンピオンズCのレース回顧と結果~クリソベリル敗れる。

2020年12月13日

現在ダート界はクリソベリルの一強です。

中央・地方兼用で展開にも左右されません。

今回もクリソベリルを中心に馬券を組んでいきます。

created by Rinker
エンターブレイン
¥400 (2021/08/05 17:15:19時点 Amazon調べ-詳細)

ワイド・馬連の買い目

今回のレースはクリソベリル1強なので15-7.2.11のワイド馬券を購入します。

1番人気から2・3・4番人気への流し馬券です。

軸は当然15.クリソベリルです。

JBCクラシックを圧勝してここに臨んで来ました。

昨年このレースを勝っているので、速い砂への対応も問題ありません。

この馬にとってメイチの仕上げは必要なく、8割程度の状態でも圧勝できます。

現状クリソベリルに勝ち負けできる馬は見当たらず、本命とします。

このレースは馬連1桁台が3点でした。

この場合は軸馬クリソベリルから馬連10~25倍のゾーンを狙います。

よって馬連の買い目は15–5.8.4.1となります。

馬連の本線は15-4. エアアルマスです。

使い減りする馬という事もあり、ここ目標に仕上げて来ました。

このレースで賞金加算できれば、中央・地方統一G1の常連になれるかもしれません。

馬連の購入は、本線1点のみとします。

3連単の買い目

オッズ確認時、このレースにおける単勝オッズ30倍未満の頭数は6頭でした。

単勝オッズ30倍未満が10頭未満の場合、馬連の本線から三連複100倍未満の組み合わせを選択します。

15-4からの流しで三連複100倍未満の組み合わせは、15-4-2.5.7.8.11でした。

ここから2点に絞ります。

2.年齢5.底力?7.妙味無し8.〇11.〇

よって三連単の買い目は15→4→8.11となります。

合計6点で勝負です。

レース実況

スタート後、エアアルマスが先頭に立ち馬群を引っ張ります。

インティは2番手につけます。

クリソベリルは4番手、その2馬身後方にチュウワウィザード、ゴールドドリームは中団後方を追走します。

1000mの通過タイムは60秒3と流れました。

直線に入るとクリソベリルが前を行くエアアルマス・インティを射程に入れながら、3番手まで順位を上げます。

しかし、坂を上ってからクリソベリルが伸びません。

外から一気にチュウワウィザード、ゴールドドリームが追い込みます。

結局チュウワウィザードが前を行くインティを一気に抜き去り、チャンピオンズCを制しました。

2着には外から伸びたゴールドドリーム、3着には先行して粘ったインティが入線しました。

馬連は4,010円 三連複は35,310円という結果でした。

馬券は的中せず、このレースの回収率は0%です。

レース結果

レース結果は以下の通りです。

1着 11番チュウワウィザード 1分49秒3
2着 2番ゴールドドリーム
3着 13番インティ

必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。

まとめ

チャンピオンズCを制したのはチュウワウィザードでした。

デキがいいと新聞紙上にも情報が出ていたので納得の結果です。

三つ目のG1タイトルを獲得しました。

圧倒的一番人気だったクリソベリルですが、直線伸びませんでした。

輪乗りで馬体を見ましたが、しっかり仕上がっていたように感じました。

個人的には、精神的な要因が大きいと思います。

となると今後、本命を打つのは難しくなりますね。

この時期、圧倒的1番人気が飛ぶと悪寒が走ります。

懐(ふところ)も厳しいですからね。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。