2020年中山大障害の結果とレース回顧~2020年のジャンプ王はメイショウダッサイに決定。

2020年12月27日

中山大障害は距離4100mで行われます。

飛越の安定感とスタミナ、センスが問われます。

よって中山コースで好走経験のある馬を狙ってみました。

created by Rinker
エンターブレイン
¥450 (2021/09/17 13:20:43時点 Amazon調べ-詳細)

ワイド・馬連の買い目

まず1.2.3番人気馬のワイドボックス馬券14.12.11を購入します。

軸は12. ブライトクォーツです。

昨年の中山大障害で2着、今年の中山グランドジャンプで3着に入っています。

5歳時に障害転向して着実に力をつけて来ました。

馬齢も6歳と、他の有力馬に比べて若いので本命とします。

このレースは馬連1桁台が2点でした。

この場合は軸馬ブライトクォーツから馬連10~25倍のゾーンを狙います。

自分の軸から馬連10~25倍の買い目が3点以下の場合は、25倍超の買い目で最もオッズの低い組み合わせを選択します。

よって馬連の買い目は12–11.8.5.1となります。

馬連の本線は12-1.シンキングダンサーです。

去勢してから体が戻っていないとのコメントがありましたが、昨年4着に来ている実績を重視し対抗とします。

馬連の購入は本線1点のみとします。

3連単の買い目

このレースにおける単勝オッズ30倍未満の頭数は7頭でした。

単勝オッズ30倍未満が10頭未満の場合、馬連の本線から三連複100倍未満の組み合わせを選択します。

12-1からの流しで三連複100倍未満の組み合わせは、12-1-11.14でした。

よって三連単の買い目は12→1→11.14となります。

合計6点で勝負です。

レース実況

スタート後ストレートパンチがハナを切ります。

ブライトクォーツは2番手、メイショウダッサイは中団、タガノエソプレッソは馬群後方を追走します。

最後の直線でケンホファヴァルトが先頭に立ちます。

一旦後続を突き放しますが、坂を上って一気にメイショウダッサイが突き抜け、暮れの中山大障害を制しました。

2着には直線一度先頭に立ったケンホファヴァルト、3着には外から追い込んだタガノエソプレッソが入線しました。

馬連は5,350円 三連複は6,440円という結果でした。

ワイド11-14が的中したため、このレースの回収率は50%となります。

レース結果

レース結果は以下の通りです。

1着 14番メイショウダッサイ   4分40秒7
2着 3番 ケンホファヴァルト
3着 11番タガノエソプレッソ

必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。

まとめ

中山大障害を制したのはメイショウダッサイでした。

直線を向いた時はケンホファヴァルトが勝ったと思いましたが、メイショウダッサイの最後の脚は凄かったですね。

あの脚を見せられると、来春の中山GJも期待したいです。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。