2021年マーブルグラミーの越冬方法を紹介します。

お迎えしたのは昨年の8月です。

飼育を開始してから5ヶ月目の個体です。

病気も全くせず元気です。

今回はマーブルグラミーの越冬方法を紹介します。

現在の飼育環境

・5L水槽
・アナカリス
・大砂利6個
・ジェックス オートヒーターミニ SH10

現在は雪がうっすら積もる程の真冬です。

水槽内の水温は24度です。

餌は「ベタフード20g」と「ヒカリ (Hikari) ベタ アドバンス 5g」を交互に与えています。

ベタの餌の残りですね。

マーブルグラミーは本当に何でも食べます。

保温には「ジェックス オートヒーターミニ SH10」を使用

投げ込み式ヒーターに使っているのは、「ジェックス オートヒーターミニ SH10」です。

現在5L水槽で24℃を維持しています。

マーブルグラミーにとっての適性水温とは。

マーブルグラミーの適性飼育水温は24℃~28℃前後です。

低温には弱く、水温が22℃を切るような環境では餌食いや動きが悪くなります。

その場合は、餌を少なくします。

また22℃くらいになると表面の柄が濃くなります。

サバみたいな感じです。

温度が上がり切らない場合は、水槽を小さ目のものに交換するといいでしょう。

まとめ

マーブルグラミーは低水温に弱いです。

26℃前後の水温で飼育してあげましょう。

そうすれば活発に動いてくれますし、餌食いも良好です。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。