2021年ベランダでの冬のかきちしゃ栽培。

秋シーズンもかきちしゃを栽培していたのですが、報告が遅れてしまいました。

かきちしゃは丈夫で、耐寒性・耐暑性がありミネラル豊富なレタスです。

ベランダでも十分栽培可能です。

今回は秋シーズンのかきちしゃ栽培に関する記事です。

まずは卵ケースから培養

卵ケースに土を入れ、種をパラパラと蒔いた後、うっすらと土をかぶせます。

その後、スプレーで水をあげておきましょう。

秋シーズンだと10月初旬ごろに種まきします。

このあたりは地域によって違ってくるでしょう。

かきちしゃ

鉢植えから成長まで

ある程度苗が育ったら、ペコらくボトル(アクエリアス2Lの容器)で作った鉢に移植します。

かきちしゃ

鉢は水はけの為、ボトルの底に切れ目を入れ、大砂利・水切り用の不織布・土の順に入れていきます。

苗の時期は根の成長を促(うなが)すため、「ハイポネックス微粉ハイポネックス500g」を水で溶かして与えます。

created by Rinker
ハイポネックス
¥973 (2021/03/04 09:30:22時点 Amazon調べ-詳細)

成長したら、かきとり収穫を行います。

かきちしゃは成長力旺盛なので、春まで何度もかきとり収穫できます。

かきとり収穫した後、「ハイポネックス原液 800㎖」を与えておくと収穫のサイクルが早くなります。

created by Rinker
ハイポネックス
¥767 (2021/03/04 22:24:21時点 Amazon調べ-詳細)

冬でも野菜を大きく育てるコツ

成長後のかきちしゃです。

かきちしゃ

かなり大きく繁りました。

この時期、水道水の水温は10℃未満です。

よって水道水にお湯を混ぜて、水を10℃以上にして与えると冬枯れを防げます。

気温が氷点下で、しなっていた小松菜に暖か目の水を与えた所、午後にはシャキッとなっていました。

地域により冷え込みに違いはあると思いますが、試してみる価値はあると思います。

まとめ

サニーレタスと比較しても、かきちしゃは丈夫で栄養価・生産性も高いです。

サラダに加えるとボリュームが増します。

ベランダでも作りやすいリーフレタスの一種です。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。