ティッシュに垂らして使うおすすめのアロマとは?

2021年3月15日

今回はアロマに関する記事です。

香りというのは、生活の中で意外と重要な位置を占めます。

いい香りは気持ちを落ち着けます。

アロマの場合、市販の芳香剤では決して出せない自然で心地良い香りを感じられます。

では早速、ティッシュに垂らして使うおすすめのアロマを紹介します。

フランキンセンス

キリスト誕生時、東方の3賢者が「没薬」「黄金」「乳香(フランキンセンス)」を持参しました。

キリストが選んだのは、乳香(フランキンセンス)でした。

フランキンセンスは、カンラン科の樹木から採れる樹脂を原料とするアロマです

アロマ

濃いバニラのような香りがします。

最も期待できる効果は鎮静作用です。

とにかく落ち着きます。

疲れがたまっているとそのまま寝てしまいます。

使用するのは夜がいいでしょう。

たまに悪夢を見て嫌な気分になる事がありますが、これは脳が浄化されている証です。

翌日は意外にすっきりした感じになります。

ラベンダー

created by Rinker
Sin(シン)
¥1,680 (2021/12/08 00:48:42時点 Amazon調べ-詳細)

ラベンダーはシソ科・半耐寒性の小低木です。

ラベンダー

香りはスミレ・シソ・ゴマの混じったような匂いです。

ラベンダーは定番のアロマです。

副交感神経を刺激しリラックス効果が期待できます。

喜怒哀楽が激しく、情緒不安定な時にオススメのアロマです。

ベルガモット

created by Rinker
ナゴミアロマ (NAGOMI AROMA)
¥1,760 (2021/12/08 00:48:43時点 Amazon調べ-詳細)

ベルガモットはミカン科の常緑高木樹の柑橘類です。

アロマ

食用としては使用されず、専(もっぱ)ら香料の原料として使用されます。

ベルガモットは酸味の強い柑橘系の香りですが、時間が経過して酸化すると甘い香りに変化します。

ベルガモットは抑うつ状態の解消に効果があります。

精神的に落ち込んでいる時に使用すると気持ちが落ち着き、集中力が増します。

アロマの使用方法

まず普通のティッシュペーパーを二つ折りにします。

その後、横方向に二つ折りを繰り返します。

最後に真ん中あたりからねじります。

出来上がりは、花束みたいな感じになります。

アロマ

最後に〇で囲んだ部分に精油を5滴前後垂らします。

枕元に置いたりして、香りを楽しみましょう。

まとめ

アロマは、香りだけではなく気持ちにも作用します。

深呼吸して思い切り香りを吸い込んでください。

徐々に気持ちも落ち着いて来ます。

日頃、呼吸が浅くなりがちな方にもオススメです。

できれば30㎖以上の物を購入するとコスパが良くなります。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。